本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



紀子さま コロナ禍に異例の長文メッセージ…発信力は皇室随一
《今後も、この厳しい状況の中で、母子愛育会に関わる皆さまとご一緒に、人々の健康と幸せのために努めていきたいと思います》紀子さまは、ご自身が総裁をお務めの恩賜財団「母子愛育会」へ、6月30日付で2千文字を超える長文のメッセージを寄せられた。宮内庁関係者は話す。「メッセージを送られるきっかけとなったのは...
別窓で開く

経済難で食い詰めた北朝鮮庶民、海辺の都市をさまよう
北朝鮮で最も豊かなところと言えば、首都の平壌だ。市場経済の進展に伴い、市民の間で所得の両極化が広がっているとは言え、地方では考えられないほどのリッチな生活レベルであることには違いない。その次に豊かなのは、地方の大都市のうち、流通・貿易・交通の要衝となっているところと、港湾都市だろう。...
別窓で開く

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」では、毎週木曜に新型コロナウイルスと最前線で戦う医療現場の「リアルな現状や課題」を情報発信するべく、在京民放ラジオ放送局5社連携でスタートした共同プロジェクト「#医療現場を応援...
別窓で開く

「物乞いを収容せよ」金正恩命令に国民から疑問の声
かつての北朝鮮は、日々の食料品はもちろん、細々とした生活必需品から住宅に至るまで国が配給する、高度な配給国家だった。それを支えていたのは旧共産圏からの援助だったが、旧共産圏の崩壊で援助が得られなくなったことに加え、長年の失政、度重なる自然災害などで、1990年代後半には配給が実質的にストップしてしま...
別窓で開く

留学断念は妻のため!?『エール』モデル作曲家の意外な素顔
「朝ドラ『エール』(NHK)はあくまでもドラマですから、古関裕而さんの実際の話しと違う部分もあるんですね。私がお会いした頃はすっかりお年を召していたのですが、書籍にまとめるにあたって調べると興味深い人物であることがわかりました。実は、古関さんはもともと音楽を専門に勉強をしていなかったんです」こう語る...
別窓で開く


<前へ1次へ>