本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【異例】写真で見る「巨大旅客機A380丸ごとレストラン」の様子 シンガポール航空
「空飛ぶホテル」みたいな最上位クラスも出てきます。 シンガポール航空は2020年10月24日(土)と25日(日)の2日間、総2階建ての旅客機、エアバスA380型機の機内で食事や同社のサービスを体験できる「レストランA380@チャンギ」を実施しました。...
別窓で開く

クマ出没で房を丸ごと・・・収穫前のシャインマスカット
 全国で相次ぐ、クマの出没。山形県では今が旬のあの果物が狙われました。 1頭のクマが立ち上がり何かをくわえています。くわえているのはシャインマスカット。その場で房ごと食べているようにも見えます。 26日、山形県高畠町のブドウ畑で撮影されたこちらの映像。警察によりますとクマは、26日午後4時半頃、地元...
別窓で開く

デフォーは生まれながらのロンドン市民であり、同時にロンドンを新しい「帝国」の中心として考える視点を持っていました。ゆえに、市民と行政の双方の視点からペスト流行を見ることができた。これが『ペストの記憶』に記録文学としての奥行きを与えています。英文学者、東京大学准教授の武田将明(たけだ・まさあき)さんが...
別窓で開く

大阪市に隣接する2市、都構想実現なら「特別区を目指す」
 「大阪都構想」の住民投票(11月1日投開票)の手続きを定めた大都市地域特別区設置法(大都市法)には、都構想が実現した場合、大阪市に隣接する自治体も特別区に移行できる規定がある。該当する大阪府内10市の市長に読売新聞がアンケートをしたところ、守口、八尾両市長が特別区を目指す考えを持っていることが判明...
別窓で開く

話題の菅総理本『政治家の覚悟』をプチ鹿島が読んでみた…収録されている“実はヤバい部分“とは?
『 政治家の覚悟 』(菅義偉・文春新書)を読んでみた。 ?もともと2012年に発売されていた単行本『政治家の覚悟 官僚を動かせ』は、首相の就任後、ネット上で高額で取引されていた。■2012年版が注目された「意外な要因」 今回話題になったのはこれ。...
別窓で開く

「菅首相誕生を祝う文在寅は売国奴」北朝鮮の非難に秘められた目的
北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は24日、韓国の文在寅大統領が日本の菅義偉首相の就任を祝う書簡を送ったことは、「民心をないがしろにする反逆であり売国である」と非難する論評を掲載した。文在寅氏は先月16日、菅氏に対して首相就任を祝い、日韓関係の発展を呼びかける書簡を...
別窓で開く

小川彩佳『NEWS23』4カ月ぶり復帰も厳しい声?「安っぽい揚げ足取り」
今年7月から産休に入っていたフリーアナウンサー・小川彩佳が、約4カ月ぶりに『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに復帰。持ち味である「忖度なしの報道姿勢」を見せつけたが、ネット上からは賛否の声があがっている。争点となっているのは、菅義偉首相の著書をめぐる問題。...
別窓で開く

ゲテモノ扱いされたのも今は昔。美容やダイエットにも通じる高い栄養価を誇り、生産効率が高い昆虫が、スーパーフードとして注目を集めている。昆虫食にいち早く目をつけたスタートアップ企業に徹底取材し、あらゆる角度から昆虫食の今を探る!◆日本に昆虫食元年が到来!ブランド化が成功のカギ 世界のたんぱく質危機の救...
別窓で開く

生物とは何か、生物のシンギュラリティ、動く植物、大きな欠点のある人類の歩き方、遺伝のしくみ、がんは進化する、一気飲みしてはいけない、花粉症はなぜ起きる、iPS細胞とは何か…。分子古生物学者である著者が、身近な話題も盛り込んだ講義スタイルで、生物学の最新の知見を親切に、ユーモアたっぷりに、ロマンティッ...
別窓で開く

「個人」と「自由」の概念を確立させたのはこの絵画?! クールベの「海の絵」を今こそ観るべき理由
 特別にサイズが大きいわけでなく、珍奇なものが描かれているのでもない。 それなのに、やたら眼を惹くアート作品というものがある。いったい何のどこに引きつけられているのか。 山梨県立美術館での「クールベと海 −フランス近代 自然へのまなざし−」は、そんな不思議にきっちり答えを用意してくれる展覧会だ。■「...
別窓で開く