本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「選挙ほど人間のきれいなものと汚いものが見えることはない」安倍晋三の母・洋子が語っていた“安倍家ならではの選挙観”
遠足のバスでは「安倍晋太郎をよろしくお願いします」と選挙運動の真似事を…政治家一家で生まれ育った“安倍晋三”の知られざる幼少期 から続く 安倍晋三氏が初当選を果たしたのは38歳のときだった。父の地盤を引き継ぐ形とはいえ、若手候補者にとって初出馬にはさまざまな困難があっただろう。...
別窓で開く

遠足のバスでは「安倍晋太郎をよろしくお願いします」と選挙運動の真似事を…政治家一家で生まれ育った“安倍晋三”の知られざる幼少期
 初当選からわずか13年での内閣総理大臣就任、さらに日本最長の首相在任日数を記録するなど、安倍晋三氏の政治家としての“キャリア”は華々しいものであった。幼い頃から政財界の要人に囲まれることも当たり前という政治家一家に生まれた晋三氏は、いったいどのような幼少期を過ごし、エリート政治家としての道を歩むこ...
別窓で開く

《岩田明子氏が事件後初執筆》安倍晋三“暗殺前夜”の電話で口にした統一教会問題「私自身は…」
 NHKの政治部記者として、小泉政権の官房副長官時代から安倍晋三元首相の担当を務め、以来20年にわたり取材を続けてきた岩田明子氏。その岩田氏が事件後はじめて筆を執ったのが本稿です。その日の夜、統一教会について岩田氏が問うと、安倍氏は言葉少なに……。月刊「文藝春秋」2022年10月号より「 安倍晋三秘...
別窓で開く

〈暗殺前夜、安倍元首相に統一教会のことを問うと…〉最も安倍氏に食い込んだ記者が綴った“秘話”
 安倍晋三元首相に最も食い込んだ記者として知られ、NHK政治部で担当してから20年にわたり取材してきた政治外交ジャーナリストの岩田明子氏。今回、「文藝春秋」10月号(9月9日発売)でこれまでの膨大な取材をもとに安倍氏の秘話を綴っている。■銃撃事件前夜の安倍元首相との電話 銃撃事件前夜の7月7日の夜。...
別窓で開く

安倍元首相に最も食い込んだNHK・岩田明子記者の退職 今後の身の振り方とは? 銃撃の余波という声も
■ゴッドマザーからも全幅の信頼 NHKの政治部で記者として活躍し、数々のスクープをものにしてきた岩田明子解説委員が7月31日付でNHKを退職していたことがわかった。7月に凶弾にたおれた安倍晋三元首相に「最も食い込んだ記者」として知られてきた岩田氏。今後の身の振り方はどういったものになるのだろうか? ...
別窓で開く

岸田首相は内閣改造・党役員人事で「鎌倉殿」人事を参考に?「萩生田政調会長」「高市経済安保相」起用の本当の狙い
■“あの女性”の不在 岸田文雄首相による内閣改造をめぐって、NHKが痛恨のミスを犯した。国家公安委員長に就任した谷公一氏を復興大臣に起用と誤報。経済安全保障大臣は小林鷹之氏の続投で調整と報じたが、蓋を開けてみれば政調会長だった高市早苗氏が就任した。...
別窓で開く

岩田剛典がどうしようもなく愛おしい…『シャーロック劇場版』が描く“ブロマンス”
ディーン・フジオカと岩田剛典が名バディに扮して難事件を解決していく月9ドラマ『シャーロック アントールドストーリーズ』(2019年、フジテレビ系・以下、ドラマ版『シャーロック』)の劇場版である『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(以下、『シャーロック劇場版』)が、2022年6月17日(金)より...
別窓で開く

岩田剛典ら個性豊かなキャストが集結! 松坂慶子主演『一橋桐子の犯罪日記』放送日決定
女優の松坂慶子が主演を務めるドラマ『一橋桐子の犯罪日記』(NHK総合・毎週土曜22時)の放送開始日が10月8日に決まった。併せて、岩田剛典、木村多江、由紀さおり、草刈正雄ら追加キャストが発表され、コメントが到着した。 原田ひ香の人気小説をドラマ化する本作は、“犯罪ドラマ”なのに、なぜか心があったまる...
別窓で開く

篠原涼子×中村倫也×関水渚×岩田剛典、作品の楽しみ方を語る 『ウェディング・ハイ』Blu-ray&DVD発売記念コメント動画公開
篠原涼子主演 映画『ウェディング・ハイ』Blu-ray&DVDが発売、デジタル配信も開始となった。それを記念して篠原涼子、中村倫也、関水渚、岩田剛典のコメント動画も公開されている。本作は、芸人・タレントとしても活躍するほか、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としてもその才能を発揮するバ...
別窓で開く

「安倍元首相に最も食い込んだ記者」がNHKの地上波看板ニュース番組に登場しなかった理由
■亡くなる前日にも電話で会話 NHKでは皇室絡みで何かあれば橋口和人前キャップが、そして安倍晋三元首相に関することなら岩田明子解説委員が登場し、まだ誰も知らないような話を立て板に水のように滔々と述べるというのが定番だった。今回の安倍氏の悲劇を受け、岩田氏の登場はNHK局内でもゴーサインが出たものの、...
別窓で開く


<前へ12次へ>