本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイライトを3000字で紹介するサービス「SERENDIP」から、プレジデントオンライン向けの特選記事を紹介しよう。今回取り上げるのは『Moonshot(ムーンショット) ファイザー 不可能を可能にする9か月間の闘いの内幕』(光文社)——。■【イントロダクシ...
別窓で開く

ソニーは、ウェブ3.0に欠かせないAR技術など最先端分野での勝機を狙っている。具体的には、ゲームや音響などの既存技術とARを新しく結合させようと強化している。その一つの成果として、「ToF(Time of Flight)AR」と呼ばれるソフトウエアを公開した。ToF ARによって、スマホ1台でバーチ...
別窓で開く

注目の「機能性表示食品」フードロスの解決も期待できる
■日本応用糖質科学会の発表で見えてきた(写真はイメージ) スーパーやコンビニでよく見かける「機能性表示食品」。しかし、その意味をご存じだろうか?「栄養」「おいしさ」に次ぐ食品第3の機能である「健康の維持及び増進に役立つ」という機能性を表示した食品のことで、販売企業が安全性などとともに確認した「科学的...
別窓で開く

大任を担う中国宇宙ステーション実験モジュール「問天」のロボットアーム
中国の宇宙船「神舟14号」で宇宙ステーションに到着した宇宙士3人は北京時間2日午前0時33分、緊密に協力して実施した初の船外活動を終了しました。船外活動の前には、実験モジュール「問天」の船外に取り付けられた小型ロボットアームの試験が行われました。得られた各指標はいずれも良好でした。今後もこのロボット...
別窓で開く

世界経済は長期衰退、「絶対に生き残る」を信念に超大胆改革—ファーウェイCEO
華為技術(ファーウェイ)創業者である任正非最高経営責任者(CEO)は22日、今後の経営方針を説明する文章を社内向けに発表した。同文章は今後10年間は世界経済にとっての衰退局面との見方に基づき、売上高よりも経営の質の重視が不可欠との考えを示して、一部分野からの撤退も必要との考えも示した。...
別窓で開く

沖縄激戦地で発掘された「存在しない名字のハンコ」 調査の結果明らかになった驚きの真実とは
 6月23日は沖縄県の「慰霊の日」だ。戦争末期、日米合わせて20万人以上が犠牲となった凄絶な戦闘。その激戦の跡地で、戦没者の遺骨や遺留品を掘り続ける元新聞記者同士の夫婦がいる。77年近くも泥土の中で眠っていた謎のハンコが語る、沖縄戦の真実とは——。【浜田哲二/元朝日新聞カメラマン】【浜田律子/元読売...
別窓で開く

「アルツハイマーの原因はアミロイドβ」根拠論文が捏造だった
<認知症の治療薬の開発のため、さまざまな国や企業が投資してきた数千億円もの研究費と、16年の歳月が無駄になってしまうかもしれない>いま、医学会にこんな動揺が広がっている。きっかけは、7月22日に、米国の科学誌『サイエンス』にある記事が掲載されたことだ。医療ガバナンス研究所理事長で、内科医の上昌広さん...
別窓で開く

広島東洋カープという球団は12球団中唯一親会社を持たない。市民からの樽募金で経営難を乗り切ったという過去もあるからか、「市民球団」という呼ばれ方もする。広島に路線を持つ広島電鉄は、シーズンに合わせてカープのキャラクターなどをデザインに施した「カープ電車」を毎年運転している。車両の内外にカープのマスコ...
別窓で開く

【北京IPO】人工ダイヤモンド粉体の柘城恵豊鑽石科技、初値は公開価格を12.14%上回る31.6元
 人工ダイヤモンド粉体を手掛ける柘城恵豊鑽石科技(839725/北京)が7月18日、北京証券取引所に新規上場した。公開価格28.18元に対し、初値は12.14%高い31.60元だった。終値は同3.62%高い29.20元だった。  同社は2011年設立の民営企業で、16年に株式会社化した。...
別窓で開く

【北京IPO】人工ダイヤモンド粉体の柘城恵豊鑽石科技が29日に公募開始、1100万株発行予定
 北京証券取引所への新規上場を目指している、柘城恵豊鑽石科技(839725/北京)が6月29日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。1100万株を発行予定で、公募価格は28.18元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2011年設立の民営企業で、16年に株式会社化した。...
別窓で開く


[ 企業結合体 ] の関連キーワード

ファイザ 広島電鉄 ソニー ハンコ ipo
カープ ceo

<前へ1234次へ>