本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米刑務所で7万人が感染 “密”避けるため釈放も
米刑務所で7万人が感染 “密”避けるため釈放も アメリカでは刑務所内で新型コロナウイルスの感染が拡大し、7万人もの受刑者が感染していることが分かりました。 アメリカメディアによりますと、刑務所内の感染者はアメリカ全体で7万人近くに上り、そのほとんどが受刑者とみられています。...
別窓で開く

「どうやって食えというのか」北朝鮮で集団抗議活動、当局緊迫
北朝鮮当局は先月、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、さらには農村支援戦闘の妨げにならないように、市場の営業時間を短縮する措置を取った。両江道(リャンガンド)では道内の市場がすべて閉鎖されたが、これに反発する多くの商人が、抗議活動を起こした。...
別窓で開く

「革命の聖地」で不満を爆発させる北朝鮮の女性たち
北朝鮮の金正恩党委員長は昨年12月、北部の両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)地区の再開発事業の竣工式に参加した。三池淵には、民族の霊山である白頭山があり、さらには抗日パルチザン活動を行っていた金日成主席の本拠地で、金正日総書記の生家とされている「白頭山密営」もある。つまりは何重もの意味で「聖...
別窓で開く

金正恩氏、各地方に「伝染病内科」設置を命じる
北朝鮮当局は未だに「わが国に新型コロナウイルスの感染者はいない」との姿勢を崩していないが、小中高大学の冬休みを延長する形で休校措置を取り、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を保つ方針に違反した人を労働鍛錬隊(軽犯罪者を収容する刑務所)送りにするなど、対応のレベルを上げている。その最たるものは、命...
別窓で開く

インドネシア、コロナ拡大で汚職服役囚釈放論が浮上 釈放論ぶち上げる法相に大統領が真っ向反対、閣内不一致あらわに
(PanAsiaNews:大塚智彦) 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、実質的な「都市封鎖」ともいえる「大規模社会制限(PSBB)」が自治体レベルで行われるなど、内閣、政府、各自治体が一丸となって対策に乗り出しているインドネシアで、今新たな社会問題が浮上している。...
別窓で開く

出演女優を処刑…北朝鮮「裏AV流通」のゆがんだ実態
北朝鮮では、アダルトビデオ(AV)に関わる一切が違法となる。その法的根拠は次のようなものだ。刑法183条(退廃的な文化搬入、流布罪) 退廃的、色情的で醜い内容を反映した図画、写真、図書、歌、映画などを許可なく外国から持ち込んだり制作したり流布したり違法に保管している者は1年以下の労働鍛錬刑に処す。...
別窓で開く

前科者・受刑者専用の就職支援サービスを始めた24歳社長 自身も少年院出身「きっかけがあれば人は変われる」
就職支援事業などを行うクロスキャリアが前科者・受刑者専用の就職サポートをスタートする。現在、各業界で人手不足が叫ばれている一方で、就業意欲や専門技能が高いにも関わらず就労先を見つけられない前科者がいる。法務省の統計によると、刑務所に再入所した人のうち再犯時に無職だった人が約7割。仕事に就いていない人...
別窓で開く

22歳の現役大学生は、なぜ日本初の受刑者・前科者専用求人サイト『SAIKI』を立ち上げたのか?
再起を誓う受刑者・前科者と、彼らを積極的に雇用したい企業を幸せな形でマッチングさせる——。そんな熱い思いを胸に、社会的意義と商機を見いだし、日本初の受刑者・前科者専用求人サイトを立ち上げた現役大学生・杉田 光(すぎた・ひかる)を渋谷で直撃した。* * *■EXIT兼近の騒動で考えさせられた「寛容さ」...
別窓で開く


<前へ1次へ>