本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



しまおまほ、「家」を語る。「私を作った豪徳寺のアパート、変わらない世田谷の実家……」
「自分」をモチーフにした、初の本格長編恋愛小説『 スーベニア 』を上梓したばかりのしまおまほさんが、自己形成に影響を及ぼした家のこと、小説『死の棘』で知られる祖父・島尾敏雄とその妻ミホの死、家族の話……を語ります。◆ ◆ ◆ 実家の景色はほとんど変わりません。テレビが薄型になったくらい(笑)。...
別窓で開く


<前へ1次へ>