本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



小池都知事の“コロナ対策”バラマキで都財政がピンチに… 再選できればいいのか
 5月19日に行われたテレビ会議で、小池都知事は“1都3県は生活圏、経済圏が重なっている”と強調。宣言解除の暁には、東京都と、埼玉、千葉、神奈川の3県が「一体となって」外出自粛や休業要請の解除を行う方針が確認されていた。そして迎えた25日の全面解除。端から足並みはそろっていない。...
別窓で開く

第二、第三の吉村洋文知事を探せ… コロナ禍で奮闘する知事「5人」の素顔
 今ほど都道府県の知事がクローズアップされている時代はない。新型コロナウイルス対策に関する権限の多くを知事が握っているからだ。国による緊急事態宣言が解除されようが、知事と新型コロナとの戦いは終わらない。5人の知事の奮闘と横顔を点描する。...
別窓で開く

吉村大阪知事の後に続け… コロナ禍で知名度がアップした知事「6人」の横顔
 普段は住民以外には縁遠い都道府県知事が俄然、注目されている。理由は説明するまでもない。新型コロナウイルス対策の多くは知事に委ねられているからだ。「新型インフルエンザ等対策特別措置法」によると、外出自粛や休業要請などを行う権限の大半は知事が持つ。話題の知事の横顔を探った。■鈴木直道・北海道知事(39...
別窓で開く

れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る<3>コロナ以前から緊急事態との認識なき政治家は国会を去れ
フリーランスライターの畠山理仁氏が、れいわ新選組の山本太郎代表の本音に迫るインタビュー。最終回は、野党共闘への思いと、畠山理仁氏が注目するベテラン政治家について、大いに語ってもらった。 ◇  ◇  ◇ ——毎度、取材のたびに聞いていますけど、野党共闘についてです。衆院静岡4区補選でも声はかかりました...
別窓で開く


<前へ1次へ>