本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



薬物所持逮捕者の出演作配信停止という「過剰反応」。その根源は何なのか?
◆伊勢谷容疑者の出演作が次々と配信停止に 各種報道でも盛んに言及されている通り、2020年9月8日に俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。 この影響を受け、伊勢谷容疑者とエージェント契約を結ぶ芸能事務所の「カクトエンタテインメント」は契約解除の方針を示した。...
別窓で開く

「ステロイド注射で筋肉増強」を謳うクリニックは倫理的に大丈夫なのか?
◆フィットネスクラブの広告のようなクリニックの広告 ここ最近、InstagramやFacebookなどを中心に驚くような広告を頻繁に見かけるようになった。 それは、だらしない体型の中年男性の写真と、見違えるようにたくましくなった同じ男性のBefore/After写真を使った広告だ。ダイエットに特化し...
別窓で開く

戦争が生んだ「浮浪児」は3万5000人 当事者が語る路上生活【石井光太】
 終戦75年の夏を、日本はコロナ禍の只中で迎えようとしている。 昭和20年8月15日、日本人は今と同様に先行きの見えない社会に対する不安にさいなまれていた。戦争が終わったからといって、すべての人々が平和の訪れに心を躍らせていたわけではない。一部の人にとっては、戦後の数年間、いや数十年間は、戦禍を生き...
別窓で開く

「向こうで映画見るけどあなたもどう?」元カルト信者の私が『ミッドサマー』に覚えた既視感——2020上半期BEST5
2020年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。シェア部門の第2位は、こちら!(初公開日 2020年3月14日)。*  *  * 海外メディアのすさまじいレビューにより、日本公開前から注目を集めていたアリ・アスター監督、フローレンス・ピュー主演の映画『ミッド...
別窓で開く

コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じています。ストレスを溜め込みすぎると、体調を崩したり、うつなどのメンタル疾患に陥ってしまいます。総フォロワー数50万人を超える精神科医、樺沢紫苑氏による最新作『ストレスフリー超大全』では、ストレスフリ...
別窓で開く

「アンジャッシュ渡部建さんのトイレ不倫」〜タケムラ アキラ(SNAIL RAMP)『炎上くらいしてみたい』
1990年代後半から2000年代のバンドシーンを牽引したSNAIL RAMPのフロントマンであり、キックボクシングで日本チャンピオンにまで上り詰めたタケムラ アキラが書きたいことを超ダラダラ綴っていく新連載! ...
別窓で開く

和田アキ子がV3、ピン子が続き…、1450人の『嫌いな女ランキング』2020!
(写真左から)泉ピン子、和田アキ子、鈴木奈々「あなたの嫌いな女性芸能人は誰ですか?」。3月中旬から下旬にかけて、週刊女性では読者ハガキやインターネットでアンケートを実施。20歳から87歳までの女性、1450人が『嫌いな女ランキング2020』に回答してくれた。...
別窓で開く

飛行機や空港の嫌なところ ワースト1位は「搭乗までの待ち時間が長い」
総計の1位は「搭乗までの待ち時間が長い」で60%、2位は「天候に左右されやすい(遅延や欠航など)」で53%、3位は「預け荷物の受け取りに時間がかかる」と「値段が高い」が同率で45%でした。■女性は「隣の人が嫌でも逃げられない」のが嫌?男女別で見ると、ほぼ全ての選択肢で女性の方が回答率が高くなっており...
別窓で開く


<前へ1次へ>