本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<猛烈な勢いで耐性を付けた病原体には打つ手がない----安易過ぎる抗生物質の多用が人類の危機を招いている>大腸菌の特異な変異体のせいで体調を崩した患者が4人いる──米コロンビア大学(ニューヨーク)のアービング医療センターがそう発表したのは今年1月のこと。世間では話題にもならなかったが、感染症の専門家...
別窓で開く

都営住宅で進む高齢化、孤独死や買い物難民に陥る危険も
 低所得者が入居する公営住宅。東京都には都営住宅が25万1693戸(2018年)あり、各区に区営住宅がある。現在、都営住宅は、名義人が亡くなると同居の家族が退去せざるをえない制度になっており、居住者からは制度の改善を求める声が上がっている。...
別窓で開く

血栓症とは、血液中にできた血栓が血管を詰まらせることにより引き起こされる病気をいう。心臓に出来ると心筋梗塞、脳なら脳梗塞、肺に出来ると肺塞栓と呼ばれている。 夏に「倦怠感」「めまい」「頭痛」「ふらつき」「しびれ」を感じると、まずは熱中症を疑う人も多いが、実は「血栓症」だったという人も少なくない。...
別窓で開く

校外学習で雨宿りした竹小屋が倒壊、小学生男児が下敷きに(台湾)
事故があったのは6月10日の午後3時頃。台南市億載小学校の5年生20名が校外学習のため漁光島を訪れていた。教員2名とコーチ1名が見守るなか児童らはスノーケリングを体験していたが、事故に遭った呉くんと女子児童1名は着替えを用意していなかったことから砂浜で見学していたという。...
別窓で開く

通電、監禁、肉体関係……連続殺人犯はこうして女性を洗脳して“獲物”に仕立て上げた
〈 「王様と奴隷でした」……北九州監禁連続殺人事件で7人が殺害されるまでのおぞましい手口 〉から続く ある種の“実験場”と化した『ワールド』時代の経験を経た松永は、その残酷な知識を更に発展させ、新たな獲物を探し、殺し続ける。◆◆◆■1992年10月、指名手配され夜逃げする松永と純子 いずれ俺がこの町...
別窓で開く

 2018年に東洋経済オンラインで最も記事が読まれ、新書『発達障害グレーゾーン』が現在5刷の気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」待望の第6回です。今回のテーマは「女性が現代社会で生きていくことのリスク」。女性はもちろん、男性にも読んでい...
別窓で開く

「女性関係にすこぶるマメだった」新1万円札の顔・渋沢栄一
 いささか旧聞に属する話から始めたい。国民雑誌と呼ばれたあの「文藝春秋」の部数にさえ一時は迫ったといわれるスキャンダル雑誌「噂の眞相」元編集長の岡留安則が、2019年1月31日、同誌休刊後移住した那覇で肺がんにより亡くなった。享年71だった。 岡留とほぼ同世代の私(私の方が一歳年上)は、「噂の眞相」...
別窓で開く

— 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第48回 — 葉巻は紙巻きとはいろいろ異なるものの、たばこです。当然、未成年は吸うことができません。葉巻の煙は、紙巻きと違って肺に入れないので健康面でも問題ないという意見もありますが、健康第一で考えるなら吸わないほうがよいでしょう。本記事...
別窓で開く

幻の自民・民主大連立構想 仲介者は渡辺恒雄氏だった
 激動の平成政界史の中に、「幻の自民・民主大連立構想」がある。小泉純一郎氏が総裁任期満了で首相の座から退陣すると、第1次安倍晋三内閣が発足したが、閣僚の不祥事と失言が相次ぎ、2007年参院選で記録的大敗を喫して総辞職に追い込まれた。代わった福田康夫内閣は参院での与野党逆転で政権運営に苦しむ。 そこに...
別窓で開く

〈目からウロコの健康術〉「血液がドロドロ」には要注意! ガンに匹敵する死因「血栓症」の恐怖
「血栓症」とは、体の血液中にできた血の塊が血管を詰まらせることによって引き起こされる様々な病気をいう。 心臓にできると心筋梗塞、脳なら脳梗塞、肺にできると肺梗塞、下肢にできると下肢静脈血栓症(エコノミークラス症候群)などと呼ばれるが、手当てが遅れると突然死を招きかねない恐ろしい疾病だけに、しっかりと...
別窓で開く


<前へ12次へ>