本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

老後破産しないために!親世代とは違う家計の守り方
■時代に合った家計管理の方法とは? 親世代との違い親と子ではお金に関するジェネレーションギャップがあるものですが、親とは違う家計の守り方があるとすればどのようなことに注意すればいいのでしょうか。8つのポイントをお伝えします。■1. 稼いで世帯収入をアップさせる夫婦共働きで、女性も「103万円の壁を越...
別窓で開く

実績を吟味してハイリターンをゲットする「アクティブ型ファンド」の戦略とは?
 前回、自分年金で2000万円を目指す戦略を立てる上で、安定型のインデックス型についての戦略とおすすめ銘柄を専門家に解説してもらった。 今回は、より攻撃的に資産を増やせるアクティブ型ファンドにおける戦略を聞いてみたい。...
別窓で開く

つみたてNISAで含み損がでている…どうすべき?
先日、YouTubeで生放送をしていたときのこと。リスナーから、こんな質問をいただきました。 「つみたてNISAで買った投資信託で含み損を抱えています。損切りをした方がよいのでしょうか?」 このリスナーの方に限らず、含み損を抱えて戸惑っている投資家の方が多いようです。...
別窓で開く

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の...
別窓で開く

「ファンド オブ ザ イヤー 2019」発表、優れた運用成績のアクティブファンド41本を表彰
 モーニングスターは1月29日、「第21回モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2019」の受賞ファンド41本(うち、最優秀ファンド賞8本)を発表した。国内追加型株式投資信託約5500本の中から、独自の定量分析、定性分析に基づき運用成績が総合的に優秀なファンドを表彰するもの。ESG...
別窓で開く


[ 良い投資信託とは ] の関連キーワード

アクティブ アメリカ

<前へ123456次へ>