本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



親戚の集まりの帰り道に言われた一言 「お前は今日も失言をした」
(Nisian Hughes/Photodisc/Getty Images Plus/画像はイメージです)盆や正月など、親戚が一堂に会するという家も多いのではないだろうか。しかし、それがどうしても憂鬱だという人もいるようだ。女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「もう親戚の集まりに行くのをやめた...
別窓で開く

スーパーで試食を繰り返す夫 思いつく理由に「みっともない」
(fon_thachakul/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「おひとついかがでしょうか」。スーパーなどの食品コーナーで、店員が客に対し試食品を差し出すこの光景。子供の頃、食べたいがために近付いた人もいるのでは。だが大人になっても続けていたとなると…...
別窓で開く

コーヒー片手に34個を試食 観光地・鎌倉の迷惑試食の実態に衝撃
(str_ngi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)1日6万人が訪れる観光地、鎌倉・小町通りは「迷惑試食」に頭を悩ませている。4日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、マナー違反とも言える迷惑試食について調査。高嶋ちさ子、長嶋一茂らが呆れ返った。...
別窓で開く

松居一代、ノーパン写真を弟子に撮らせ露出 「ビックリ…」
(FotoDuets/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)タレントの松居一代が9月30日にブログを更新。松居が「大変です!」というように、ハプニングが発生したことを明かしている。■愛弟子にお菓子を届け…「ちょっと…ちょっと…家族の...
別窓で開く

「その執念はどこから?」 阪神・糸原健斗のルーツを辿る旅
 泥臭い、しぶとい、がむしゃら。彼はスマートでない言葉がよく似合う。令和のこの時代にどこか武骨さを感じさせる彼にすっかり惚れ込んだ。それは努力や苦労といった簡単な言葉では表現できないようなものをいつも感じるからだ。先日、3年間ずっと疑問に思っていたことをようやくぶつけることができた。「その執念はどこ...
別窓で開く

来年いるのかいないのか……秋山翔吾が西武と日本球界に残したいもの
 ソフトバンクとの優勝争いが激化するなか、西武の番記者たちには片時も忘れられない問題がある。今年海外FA権を取得した、秋山翔吾の去就だ。 来季のメジャーリーグ挑戦が濃厚と見られてきたが、ここに来て「ブラフ説」も浮上している。筆者も「向上心の高い秋山だけにメジャーへの道を求めるだろう」と思いつつ、西武...
別窓で開く

怪我と闘い、病と闘い、世代交代と闘う男 安達了一というバファローズの希望
 ロメロと安達了一のハイタッチ。どちらかのホームランのあと、ベンチでの祝福の最後はお決まりの2人のハイタッチ。吉田正尚のフルスイングや山本由伸のストレートに並ぶ、極めて貴重な?オリックスの見どころのひとつだ。? 思えば2人とも満身創痍で戦っている。もちろん、彼らが居るのと居ないのとではチーム状況が大...
別窓で開く

旧広島市民球場の残り香を感じる男・永川勝浩の引退によせて
 その人は、なぜかいつも旧広島市民球場の香りをまとっていた。 2009年のマツダスタジアムのオープンから今年で10年。旧広島市民球場でプレーした現役カープ選手も数少なくなってきた。野手では石原慶幸、松山竜平、小窪哲也、赤松真人が旧市民球場経験者だが、彼らの場合、旧市民球場時代の一軍出場数よりもマツダ...
別窓で開く

ボイメン辻本達規が語るドラゴンズ愛——他人のために泣けない僕を変えた親友・柳裕也投手
 文春野球をお読みのみなさま、はじめまして! BOYS AND MENの赤担当、辻本達規です! BOYS AND MENは名古屋を中心に活動しているエンターテイメント集団で、今年1月にはナゴヤドームで単独公演をさせていただきました。 僕は子どもの頃から野球が大好きすぎて、ナゴヤドーム公演が終わってか...
別窓で開く

最後の試合を前に……ロッテ・福浦和也が思い出す恩師・山本功児の言葉
 2019年9月23日の北海道日本ハム戦。本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われるこの試合をもって千葉ロッテマリーンズのレジェンド・福浦和也内野手は惜しまれながらもバットを置く。 福浦には原点とも言える忘れられない光景がある。デビューは1997年7月5日のオリックス戦。デビューもまた本拠地での試合だ...
別窓で開く


<前へ12次へ>