本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 悲願はまたも持ち越しとなった。100年以上の歴史と伝統を誇る凱旋(がいせん)門賞を勝ったのは欧州調教馬のみ。日本から参戦した4頭の精鋭をもってしても、その牙城は崩せなかった。 スピードシンボリの初挑戦から半世紀以上。日本は常に欧米の背中を追い続けた。血統や調教技術の改良で世界との差を縮め、1999...
別窓で開く

わくわく『地方競馬』情報〜第56回東京盃/第19回レディスプレリュード
わくわく『地方競馬』情報 (C)週刊実話Web ダート競馬の祭典『JBC』(11月3日、盛岡競馬場、門別競馬場)まで約1カ月。出走切符を賭けた戦いも、佳境を迎えている。10月5、6日には、JBCの出走へ直結する重要なステップレース「Road to JBC」である2つの交流重賞が、大井競馬場で開催され...
別窓で開く

極楽とんぼ“盟友”マッコイ斉藤&大久保佳代子とマッコイの故郷・山形旅 加藤浩次の暴露にマッコイがタジタジ
BS日テレのバラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(毎週月曜 後11:00)では、3日の放送で、極楽の盟友であるオアシズ・大久保佳代子、マッコイ斉藤との山形旅の様子を届ける。 旅のテーマは「昭和旅」。旅の出発前に、携帯電話をスタッフに没収され、カーナビも使用不可で、紙の地図だけが頼りとなる。...
別窓で開く

【凱旋門賞プレビュー・後編】ハイレベルな激戦模様! 欧州の有力馬を相手に日本競馬の悲願達成は?
10月2日(日)に迫った凱旋門賞(GⅠ、ロンシャン・芝2400m)。前編では日本から乗り込む精鋭4頭を分析したが、後編では欧州の有力馬について見ていくことにしよう。...
別窓で開く

【凱旋門賞プレビュー・前編】注目の日本調教馬4頭の評価と状態は? 大将格のタイトルホルダーに増した強さと安定感
本レースを制することが日本競馬界の悲願となった凱旋門賞(仏G1、ロンシャン・芝2400)。その第101回目の開催が10月2日(日)に迫った。 今回は日本から4頭の精鋭がすでにフランスへと乗り込み、出走に向けて順調な調整が進んでいる旨が伝えられている。【動画】凱旋門賞、日本馬の挑戦(2017〜2021...
別窓で開く

JRA重賞『スプリンターズS』(GⅠ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!
(C)JRA先週の神戸新聞杯…5番人気の鮫島駿ジャスティンパレスが直線あっさり抜け出して1着となり、2着には内からあっと驚く人気薄の12番人気武豊ヤマニンゼストが突っ込み、3着は4番人気吉田隼ボルドグフーシュが後ろから大外強襲し、荒れまくり。...
別窓で開く

JRA攻略10/2『WIN5大作戦』〜投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!〜
(C)JRA〜10月2日のWIN5対象レース〜①中山9Rサフラン賞サンティーテソーロマスキュリン    2頭デビュー戦は3着に敗れたサンティーテソーロだが、叩いて12キロ絞れた前走は、逃げて5馬身差の楽勝。引き続き中山1600メートルなら好勝負必至。そのサンティーテソーロを新馬戦で負かしたのがマスキ...
別窓で開く

JRA重賞『スプリンターズS』(GⅠ)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手5頭!
(C)JRA過去10年、1番人気馬は【5・1・1・3】で、2番人気馬も【2・4・0・4】と、上位人気2頭は比較的安定。その一方で、10番人気以下も7頭が馬券圏内に入っている。3連単の配当は、10〜20万馬券が4回と、3万円台以下が6回。上位人気を中心としつつ、気になった大穴馬がいれば押さえておいた方...
別窓で開く

“破産宣言”から3カ月で巨額の借金を馬券で完済! インスタントジョンソン・じゃいさんが「東京都議会議員」に訴える「馬券を無税に!」
 今年6月、自身のYouTubeチャンネルで、“破産した”と、衝撃的な告白をして物議を醸したお笑いトリオ・インスタントジョンソン・じゃいさん。高額馬券を的中させ、それを自らのYouTubeなどで公表したところ、税務署から払戻金に対する巨額の追徴課税を請求され、それを支払ったためということだったが——...
別窓で開く

父系ミスタープロスペクター系が好成績のスプリンターズS。本命は一択も、名牝を母に持つ7歳馬に激走の予感
 10月2日、中山競馬場で3歳以上馬によるGⅠスプリンターズS(芝1200m)が行なわれる。5月の葵Sで重賞初制覇を飾ったウインマーベル このレースは、JRAの秋のG1シリーズ第1弾。昨年の勝ち馬ピクシーナイトは不在だが、今年の高松宮記念を勝ったナランフレグ、昨年のNHKマイルCを勝ったシュネルマイ...
別窓で開く