本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



皇治、新団体「NARIAGARI」ゲスト解説者発表「気合い入れて盛り上げていきます」
【モデルプレス=2023/02/01】5日に行われる格闘家の皇治が立ち上げた新団体『NARIAGARI(ナリアガリ)』のゲスト解説者として、俳優の岩城滉一とプロボクシング元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志が登場することが発表された。◆岩城滉一&内山高志「NARIAGARI」ゲスト解...
別窓で開く

3年ぶりの行動制限のない年末年始! 恒例スポーツイベントも徐々に本来の形に!!
3年ぶりに行動制限のない年末年始となる。年末年始の恒例スポーツイベントでもWithコロナの方向へシフトしている。直近2大会で沿道での応援の自粛を求めていた『箱根駅伝』だが、第99回大会では沿道での観戦を解禁。新たな観戦スタイルとして、関東学生陸上連盟は「沿道で観戦、応援をする際はマスクを着用し、周囲...
別窓で開く

アンチに「親の七光り」と言われても堂々と。実力差を示す秒殺KOに見た“格闘家”三浦孝太の意地【RIZIN】
9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された「超RIZIN」と「RIZIN.38」は話題性に富んだ興行となった。 元ボクシング世界5階級王者のフロイド・メイウェザー(アメリカ)と、総合格闘家の朝倉未来(トライフォース赤坂)による“令和の異種格闘技戦”に加え、RIZINでは...
別窓で開く

「カズの息子」と呼ばれることはどう思う——三浦孝太はやはり逸材。RIZIN直前に訊いた“宿命”への想い
驚きの一報が舞い込んだのは、試合前日。それも日をまたぐ1時間前だった。 7月31日に行なわれた「RIZIN.37」でフェリペ・マソーニ(ブラジル)と対戦予定だった三浦孝太(BRAVE)が、新型コロナウイルスの陽性反応によって欠場を余儀なくされたのだ。【RIZIN PHOTO】さいたまスーパーアリーナ...
別窓で開く

朝倉未来に「俺の方が絶対強い」。どこまでも強気な平本蓮が連敗後に見出した“課題”とは?
「良い拳。持ってましたね」 3月6日に行なわれた『RIZIN LANDMARK vol.2』のメインイベントで、平本蓮(ルーファスポーツ)に判定勝ち(3-0)を収めたKNOCK OUT-BLACKスーパーライト級(65kg)王者の鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)は、骨折した両拳をアイシングしながら、...
別窓で開く

平本蓮、涙の連敗。それでも米修行の成果は見せた男の闘志は死なず「こんなんで引いてらんない」【RIZIN】
「(相手が)やりたくないなって思わせるような試合を、今の自分なら見せられる」 前日の公式計量で、そう宣言していた平本蓮(ルーファスポーツ)だったが、悲願のMMA(総合格闘技)初勝利は掴めなかった。...
別窓で開く

大晦日のビッグマッチを戦う堀口恭司が、大坂なおみに続いてリカバリーブラントのアンバサダーに
12月31日の『RIZIN.26』では、メインイベントで朝倉海とRIZINバンタム級タイトルマッチを戦う堀口恭司。昨年、朝倉にキャリア初のKO負けを喫し、その後、右ヒザの前十字靭帯断裂と半月板損傷というと大けがを負い、戦列を離れていたが、この大晦日の一大イベントで復活を果たす。...
別窓で開く


<前へ1次へ>