本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



80年前に消えた東京五輪は「呪われすぎたオリンピック」だった
 2020年東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まった。中止ではなく、1年後には開催されるというが、思えばこのオリンピックはスタートからトラブル続きだった。国立競技場の設計変更、エンブレム“盗作”騒ぎ、招致活動での買収疑惑と日本オリンピック委員会会長退任、マラソン・競歩の会場変更……。...
別窓で開く

米法律事務所、コロナで中国への巨額損害賠償裁判提起の根拠
 米国では新型コロナウイルスの感染者数が急増し、中国やイタリアを上回り世界最多となっている。そのような状況なだけに、米国や世界各国で新型肺炎が拡大したのはウイルスの発生源の中国の怠慢であるとして、米国の法律事務所が中国政府に数十億ドル規模の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたことが明らかになった。...
別窓で開く

■「中国語を話していると日本人が避けて通る」新型コロナウイルスが世界を震撼させている。現在、非常事態となっているのはイタリア、スペイン、アメリカなど欧米各国だが、つい1カ月前まで、主戦場は中国だった。中国で最初に発生したのは昨年末といわれているが、中国政府が情報を隠ぺいし、初動を誤ったことが原因で世...
別窓で開く

TOKIO長瀬が探る「俳優事務所」、嵐とコロナの「番狂わせ」、錦戸・赤西「テレビとの遠い距離」
「中居さんに、『もしかしたらこれから辞める後輩たちが所属したがるんじゃないですか?』と訊いたら、『そーんな甲斐性、オレないよ。ひとりだってどうなるか全然わからないのに!』って笑って即答だったそうです。中居さんは、ああ見えて結構堅実なタイプ。独立してみて体制が整うまでは、他人を預かるなんて考えられない...
別窓で開く

Stray Kidsアイエン、キュートな末っ子が“オトナになった”と感じた瞬間とは<日本デビュー記念インタビュー:ソロ編>
【モデルプレス=2020/03/26】3月18日、ベストアルバム『SKZ2020』でついに日本デビューを果たした韓国JYPエンターテイメントの次世代ボーイズグループ・Stray Kids(読み:ストレイキッズ)のインタビュー連載。ラストを飾るのは、リアル天使な末っ子アイエン(I.N/19)。...
別窓で開く

新型コロナ巡る麻生財務相の欧州批判、中国ネットは反応さまざま 
 中国のニュース雑誌・Vista看天下の微博アカウントは25日、日本の麻生太郎財務相が国会の中で新型コロナウイルス感染拡大に対する欧州の態度を批判する発言をしたことを報じた。この発言に対し、中国のネットユーザーはさまざまな反応を見せている。...
別窓で開く

米超党派議員、伝染病対応の失策で中国に賠償求める議案を提出
米下院では3月24日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の対応の誤りで世界に流行を拡大させたことを非難する決議案が提出された。同日、上院では、中国が発信する「ウイルス米起源説」の噂を非難し、中国に対して各国にもたらした損害を賠償するよう要求する法案が提出された。...
別窓で開く

未来を守るために中国共産党に問責を=ハドソン研究所専門家
米保守系シンクタンク、ハドソン研究所の専門家は、中国共産党がSARSの教訓を学ばず、中共ウイルス(武漢肺炎)発生後に情報を隠蔽し、他国との情報共有を拒否した一連の行動は、国内で悲劇をもたらしただけでなく、世界に災いをもたらしたと分析している。このような事件が二度と起こらないようにするために、中国共産...
別窓で開く

中国「紅二代」が習指導部を批判 「中共肺炎」対策巡って
中共肺炎(COVID-19)が世界中にまん延する中、中国当局は国内で言論の自由を抑圧し続けている。当局は、感染拡大防止政策を批判した「紅二代」(毛沢東らと共産革命に参加した長老らの子弟)の任志強氏を逮捕した。このほど、もう1人の「紅二代」がSNS上に、党中央政治局会議を開き、習近平国家主席の辞任を議...
別窓で開く

ノンフィクション作家・星野博美が、100円ショップで感じた「後ろめたさ」
「何気ない日常のなかに静かなドラマを見つけるのが抜群にうまい」(斎藤美奈子)「私は星野博美という人の、目線の先をいつも追いたいのである」(角田光代)? その的確な洞察力と端正な文体で、同業の作家や評論家から絶大な支持を受けているノンフィクション作家・星野博美。大宅賞受賞作『転がる香港に苔は生えない』...
別窓で開く


[ ぺ アジア ] の関連キーワード

中国共産党 stray tokio ハドソン kids

<前へ1234次へ>