本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国で2人が肺ペスト発症〜「2人」は「20人」の可能性も
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月15日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。中国で肺ペストが発症したニュースについて解説した。ボンベイで2日、肺ペストに似た症状で隔離された患者を案じて、病院の外で待つ親類たち(ロイター=共同)=1994年...
別窓で開く

トルシエが宙を舞った!日本代表を育てた問題児の今 日本サッカーに対する貢献度が最も大きかった代表監督
(後藤 健生:サッカージャーナリスト) ベトナムのホーチミン市を訪れた。僕はハノイには何度か行ったことがあるが、ホーチミン市は初めてだった。 だが、なにしろ1960年代から70年代にかけてのベトナム戦争は、自分が学生時代の多感な時期の出来事であり、市内のあちこちの地名を今でもよく覚えている。...
別窓で開く

2022年W杯アジア2次予選で3連勝中の森保ジャパンが、アウェーでキルギスと対戦。南野拓実のPKによる5戦連続(W杯予選では4戦連続)ゴールと、原口元気の直接FKによるゴールで、効率よく勝ち点3を獲得した。決定機も何度か作られ、日本はキルギスに苦戦した これで4戦全勝とした日本は勝ち点を12ポイント...
別窓で開く

中国北京、市内病院で新たな肺ペスト患者との情報 1例目が9月に発生
中国北京市の朝陽病院は11月12日、内モンゴル自治区から来た患者2人が感染力と致死性の高い肺ペストに感染したと発表した。14日、国内インターネット上では北京市の児童病院と宣武病院で新たな肺ペスト感染者が確認されたとの情報が広がった。北京市当局は情報を否定した。...
別窓で開く

キルギス下し4戦連続無失点も 森保Jの課題を釜本氏が指摘
2022年カタールW杯アジア2次予選で森保ジャパン(世界ランク28位)が4連勝を飾った。 14日、敵地でのキルギス(同94位)戦を2—0でモノにして、W杯予選開幕から4試合連続で無失点勝利のオマケ付きである。 前半41分、MF南野がPKを決めて先制。後半8分には、左MF原口がFKをゴール左に叩き込ん...
別窓で開く

森保J W杯アジア2次予選キルギス戦平均10・6%
 TBSが14日に生中継したサッカーW杯アジア2次予選「日本—キルギス戦」(後8・15)の平均視聴率が10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。 日本代表のアジア2次予選では、9月10日のミャンマー戦(日本テレビ、後9・15〜)の平均視聴率は14・7%、10月10日のモ...
別窓で開く

美食大国日本で羊肉に人気がない歴史的理由とは?=中国メディア
 食文化が豊富な日本だが、中国人が大好きなある食材はあまり料理に使われていない。羊肉だ。中国ではよく羊肉が食べられている。冬は家族で羊肉のしゃぶしゃぶ、夏は羊肉の串焼きなど豚肉や牛肉と同じほど愛されている。ではアジアの文化圏の中で、日本ではそれほど羊肉に人気がないのはなぜか? 中国メディアの奇観史書...
別窓で開く

■今年も水没したベネチアで進む「モーゼ計画」の全貌「水の都」ベネチアでは、今や冬の風物詩にもなってしまった「高潮による水没」が今年も起こり、サンマルコ広場が数十センチの高さまで浸水してしまいました。ベネチアでは冬に、シロッコと呼ばれる南からの風が吹きます。そのシロッコの影響で冬に高潮が発生しやすいの...
別窓で開く

主将の吉田麻也、史上8人目の日本代表100試合出場!「もっと積み上げていく」
 日本代表DF吉田麻也が、史上8人目となる通算100試合出場を達成した。吉田は14日に敵地で行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のキルギス戦にフル出場して2−0の勝利に貢献した。 2010年1月6日に行われたイエメン戦での初出場から約10年。森保ジャパンのキャプテンを務...
別窓で開く

柳楽優弥、30歳は「カンヌ・ベネチア・ベルリンも視野に入れて」ファンミーティングで目標語る<いちごいちえ>
【モデルプレス=2019/11/14】俳優の柳楽優弥が14日、都内にて第5回ファンミーティング「いちごいちえ」を開催した。◆柳楽優弥、5回目のファンミーティング 握手会も実施イベントのオープニングでは先月発表された、日本・モンゴル・フランスの合作映画「ターコイズの空の下で」の予告編を本邦初公開。...
別窓で開く


[ モンゴル ] の関連キーワード

ベネチア ベルリン キルギス アジア カンヌ