本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



絶不調の宇野昌磨を立て直すのはトゥトベリーゼかランビエールか
 今季のグランプリシリーズ(GP)でまだ表彰台に上がっていないフィギュアスケーターの宇野昌磨が決断したようだ。「次の試合で、もしかしたら違う心境になるかもしれない。今後の試合次第だと思います」 これは、宇野にとってGPシリーズ初戦となるフランス大会中に出たセリフ。...
別窓で開く

“コーチ不在"だけじゃない フィギュア・宇野昌磨「絶不調」本当の理由
 フィギュアスケート平昌五輪銀メダリスト、宇野昌磨(21)が苦しんでいる。 参戦して5季目となるGPシリーズのフランス大会では自己ワーストの8位に沈み、大粒の涙を流した。11月17日に閉幕した直近のロシア大会も4位に。「宇野はロシアで、『練習でいい演技ができたことを確認することができた』と笑顔でした...
別窓で開く

11月16日のグランプリ(GP)シリーズ・ロステレコム杯のフリー、宇野昌磨は表彰台を狙ったが、演技終了後に苦笑いを浮かべてしまう結果になった。ロステレコム杯で4位に終わった宇野昌磨「4回転フリップは跳べる気がしなかったので、昨日ステファン(・ランビエル)と話して『サルコウをやってみたら』と言われて。...
別窓で開く

フリーの演技にも注目の集まる宇野昌磨 グランプリ(GP)シリーズのフランス杯では、自身シニア・ワーストの215.84点で8位に終わっていた宇野昌磨。GPシリーズ2戦目となる11月15日のロステレコム杯ショートプログラム(SP)は、フランスではしっかり降りていた最初の4回転フリップで転倒したものの、8...
別窓で開く

グランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯で、誰もが予想しなかった衝撃の結果が出た。平昌五輪銀メダリストであり、シニア転向後GPシリーズで連続して表彰台に乗っていた宇野昌磨が自己ワーストの8位の惨敗。5年目にして初めてメダルを逃した。これにより、4年連続で出場し、表彰台を外したことのないGPファイナ...
別窓で開く

紀平梨花の今季初戦となった、9月12日からカナダ・オークビルで開催されたオータムクラシック。前の週に左足首をひねった紀平は、最後のジャンプを3回転ルッツから3回転ループに変えて、初日のショートプログラム(SP)に臨んだ。オータムクラシックで優勝した紀平梨花 最初のトリプルアクセルをきれいに決め、最後...
別窓で開く

全日本フィギュアシニア強化合宿に参加した樋口新葉 今春から大学生になった樋口新葉は、学業と両立しながらフィギュアスケートに打ち込んでいる。週5日、学校に通う毎日。高校生の時よりも練習量は減っているというが、オンリンクとオフリンクのメリハリをしっかり作って、集中して練習に取り組んでいることが、逆にいい...
別窓で開く

7月15日に公開された、日本スケート連盟のフィギュアスケート・シニア合宿。宇野昌磨は、この日2回目の午後の練習で積極的に4回転の練習に取り組んでいた。体慣らしのダブルアクセルや3回転サルコウ、3回転ループを跳んだ後は、トリプルアクセルを3回決める。さらに4回転トーループを跳んで、4回転フリップ。3回...
別窓で開く

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】「サッカーの首都」になったロンドン(前編) ロンドン北部の殺風景な界隈に生まれたトッテナム・ホットスパーの新しいスタジアムは、「すばらしい」のひと言に尽きる。 スタジアム内のクラフトビール店では、ビールがハンドフリーで注がれる。ビールを上から注ぐのでは...
別窓で開く

「たぶん、こんなにボコボコにやられたのは久しぶりです」 決勝を戦い終えた上地結衣は、開口一番、苦味の交じる笑みを漏らした。 スコアは、0−6、2−6。「悔しいですけれど……あのなかで何かができたかというと、あまり……」 女子車いすテニスの牽引力となって...
別窓で開く


<前へ1次へ>