本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「こんな働き方があってもいいよな」 世界を旅した漫画作者が見た海外ならではの“ゆる〜い働き方”
海外旅行をした際に、日本ではあり得ないと思えるほどの、のんびりとした空気感を味わった経験がある人も少なくないはず。そういった世界の人々の時間感覚や独特のおおらかな雰囲気を、「世界のゆるい働き方」と題した漫画で見事に表現しているTwitterアカウントが話題だ。世界中を旅して回り、そこで起こった様々な...
別窓で開く

インスタントコーヒー1杯300円——。日本で15店舗を展開する、アメリカのブルーボトルコーヒーが10月半ば、スティックタイプのインスタントコーヒーが5本入ったセットの販売を始めた。アメリカに先駆けて日本の店舗のほか、オンラインで売っている。価格は1箱1500円。コンビニコーヒーが1杯100円、スティ...
別窓で開く

日本代表、キルギス戦のスタメン発表! 中島翔哉はベンチスタート、原口元気が先発
 14日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でキルギス代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。 試合は20時15分キックオフ予定。TBS系列にて全国生中継される。...
別窓で開く

日本代表、キルギス戦の背番号を発表!「10」は中島翔哉、復帰の山口蛍は「20」
 日本サッカー協会(JFA)は12日、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のキルギス代表戦に臨む日本代表選手の背番号を発表した。 これまで日本代表の中心として活躍している選手に大きな変化はなかったが、今回のシリーズではU−22日本代表に招集された堂安律(PSV/オランダ)が背負...
別窓で開く

外国人が働きづらい日本。原因は「貧しいアジア諸国の憧れの国、ニッポン」という大勘違い
 少子高齢化によって労働人口が減少し、今後外国人労働者はますます日本経済にとってなくてはならない存在となっていく。だが、日本は外国人にとって働きやすい国とはいいがたいのが現状だ。...
別窓で開く

2020年7月23日の東京五輪男子サッカー開幕まで8カ月余り。森保一監督率いるU−22(22歳以下)日本代表は11月17日、チーム発足後初の国内での親善試合であるU−22コロンビア戦に挑む。そのメンバーにA代表常連の堂安律(オランダ=PSV)、久保建英(スペイン=マジョルカ)、板倉滉(オランダ=フロ...
別窓で開く

日本代表、キルギス&ベネズエラ戦のメンバー発表…2試合で異なるチーム編成
 日本サッカー協会(JFA)は6日、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のキルギス代表戦ならびにキリンチャレンジカップ2019のベネズエラ代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 3連勝でグループF首位に立つ日本は11月14日に、2勝1敗で2位につけるキルギスとアウェイで対戦。...
別窓で開く

チャーハンとピラフ、ナシゴレンの意外な関係
ナシゴレン・イスティメワ(インドネシア) ソーセージ、卵焼きなどが付く特別版(ナシゴレン-Wikipediaより)中国でチャーハンの原型となる“卵とご飯を炒めた料理”が登場したのは、6世紀〜7世紀ごろと言われています。その後、お米が食文化の中心になるにつれて、チャーハンも広まったと考えられています。...
別窓で開く

10月13日に投開票が行われたチュニジアの大統領選の決選投票では、憲法学者のカイス・サイードが投票の70%を獲得し、イタリアのベルルスコーニ、フィリピンのドゥテルテ、トルコのエルドアンや米国のトランプなど擬えられていたナビル・カルウィを大差で破って当選した。9月に行われた1回目の投票で、保守派を退け...
別窓で開く

日本人が知らない親日国は南米「ボリビア」 ドイツやオランダよりも尊敬される理由
 電通が実施した「ジャパンブランド調査2018」によると、日本のことが好きな国・地域のトップは、台湾、タイ、フィリピン、ベトナムが同率で1位だった。5位はマレーシア、6位は香港、7位はインドとシンガポール。実は、親日国ランキングには一度も登場したことのない、大の親日国がある。南米のボリビアだ。なぜこ...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>