本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サラリーマンの確定申告で「特に気をつけるべきこと」
■サラリーマンが確定申告をする際に気をつけたいことAll About『マネープランクリニック』でアドバイスをするファイナンシャル・プランナー深野康彦さんとマネーライターの清水京武さんが、2020年の確定申告シーズンに気をつけたいポイントをレクチャー!2019年に副業を始めたサラリーマン、ふるさと納税...
別窓で開く

サラリーマンも年金受給者も…確定申告で「10万円取り戻す」裏技
 期限が迫った確定申告。サラリーマンや年金受給者でも、取り戻せるお金は多いという。まず、最も身近な「医療費控除」から見ていこう。「医療費と認められる前提は、治療はOKで予防や健康維持目的のものはダメということ。生計を同一にする配偶者や家族の分の医療費総額が対象です。なお、“生計を同一にする”とは、必...
別窓で開く

今週2月17日から、いよいよ2019年分の確定申告の受付が始まった。 確定申告は、おもに自営業者などが毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を「確定」し、納税額を国に「申告」するための手続きだ。 納税額は、収入(会社員は給与所得、自営業は売上げ)から、必要経費や社会保険料、その他、個別の事情...
別窓で開く

確定申告でサラリーマン世帯でもお金が戻ってくるチェックリスト
国税庁によれば、’18年に確定申告した2,221万人のうち、約6割の1,305万人が還付申告をしていて、4年連続増え続けている。確定申告は、前年の所得を申告して税額を確定させる手続きのこと。会社員の場合、給料から税金が天引きされて、年末調整で清算されているので関係ないと思いがちだが……。「じつは会社...
別窓で開く

病院に行くのは面倒だから、市販の風邪薬で済ませる——。そんな人は確定申告をして還付金を受け取れるかもしれない。元東京国税局職員であり『確定申告〈所得・必要経費・控除〉得なのはどっち?』の著者である小林義崇氏は、「『セルフメディケーション税制』を利用すれば、ドラッグストアで購入した風邪薬の費用も控除の...
別窓で開く

昨年12月の本コラムで、「医療費を取り戻すなら、医療費控除と高額療養費のどちらが得か?」という記事を書いた。 医療費の節約というと、確定申告の医療費控除に目がいきがちだが、支払った医療費の一部がダイレクトに戻ってくる健康保険の高額療養費による軽減効果も大きいからだ。 間もなく、確定申告の受付が始まる...
別窓で開く

会社員でも"確定申告"が必要なケースは? 年末に向けて押さえるべき税金のポイント
昨今ニュースを賑わせている税金問題。毎年10月下旬から翌年3月にかけては、年末調整や確定申告のシーズンに突入することもあり、何かと税にまつわる話題が増えます。会社員の場合、多くの人は、勤務先から配布される年末調整の書類を提出することで所得税の納税が完了します。では、年末調整以外の納税手続きは必要ない...
別窓で開く


<前へ1次へ>