本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仔犬を飼育していたはずが“別の動物”と判明 2年後にクマだと気づいたケースも
動物の子供は愛らしいものだが、成長した姿を正確に予測するのは一般の人には難しいだろう。このほどイギリスで、ロックダウン中に犬を飼い始めた女性がテレビ番組に飼い犬と出演した。この女性はブリーダーから小型犬を購入したが、愛犬はぐんぐん成長して現在体重32キロだという。...
別窓で開く

すべてを灰燼に返さない限り、ミャンマーにならない「北角裕樹さんの拘留続く」
 2021年4月29日、ミャンマー在住の日本人フリージャーナリスト・北角裕樹さんは、正しい中立的な情報を発信していたが「虚偽のニュースを広めた疑い」で身柄を拘束され、刑務所に移送され訴追されたままの状態が続いている。 ミャンマーでクーデターが起きた(2021年2月1日)。...
別窓で開く

コロナ禍で五輪強行開催へと突き進む現状 まるで「太平洋戦争」
 世論調査では国民の8割以上が東京五輪の「延期」「中止」やむなしと考えているが、政府も東京都も組織委員会も「開催ありき」だ。国民を感染爆発に晒すリスクから目を背け、その場しのぎの対応策しか繰り出せない様は、かつてこの国を破滅に追い込んだ「あの作戦」とあまりにも似ている——。...
別窓で開く

市川紗椰が語る、英語のとんでも吹き替え「ベジータがスーパーサイヤ人に変身しながら『かめはめ波』と叫んだときは言葉を失いました」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、英語圏のアニメ吹き替えについて語る。* * *英語圏のアニメ好きの間でよく話題になるのが「sub or dub」=字幕か吹き替えか論争。論争というより、英語の吹き替えで日本の...
別窓で開く

『機動戦士ガンダム』実写化発表で“ケツアゴ”シャアのトラウマ再び
『機動戦士ガンダム』実写化発表で“ケツアゴ”シャアのトラウマ再び(画像)Damir Khabirov / shutterstock1979年に放送開始して以来、世代を問わず根強いファンを多く抱える『機動戦士ガンダム』が、Netflix(ネットフリックス)で実写化されると発表された。...
別窓で開く

『ガンダム』の実写映画化、果たして成功するのか 過去には"残念なシャア"が登場したケースも
実写化。この言葉を目にするだけで、ニヤニヤしてしまう人も多いはず。『デビルマン』やら『エイトマン』やら、とにかく無理に実写化したことでチープになっちゃった失敗例は山ほどある。僕なんて、「実写版○○」ってワードを見るだけで笑ってしまうし、実写版『進撃の巨人』2部作も明らかな地雷ながら敢えて踏み抜き、観...
別窓で開く

劇場版と徹底比較! 配信版『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は過激アクション満載!!
『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』2021年 初夏 デジタル配信&ブルーレイリリース(c)2021 Warner Media Direct, LLC All rights reserved.HBO MAX(R) is used under license.■じっくり染みる『ザック・ス...
別窓で開く

庵野秀明氏の監督・脚本で「シン・仮面ライダー」製作の報に中川翔子さん「楽しみにも程がある シンゴレンジャーもお願いします」
4月3日に行われた「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」にて、現在大ヒット中の「シン・エヴァンゲリオン」で総監督をつとめた庵野秀明氏による「シン・仮面ライダー」の製作が発表された。庵野氏は監督・脚本をつとめ、2023年3月の公開が予定されている。...
別窓で開く

ミャンマー軍事クーデターが日本にとって決して他人事ではないワケ。"最高の友好国"日本に期待されることは?
近年の外資参入により急速な経済発展を遂げているミャンマー。ノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー国家最高顧問の存在でも知られるかの国で起きた軍事クーデターには、実は日本も大きな影響を及ぼしていた。現地事情に詳しいジャーナリストの木村元彦氏が解説する。■国軍はトランプの振る舞いにならった2月1日に...
別窓で開く

「劇場版マジンガーシリーズ」上映!「ロボットガールズZ」のトークイベントも
 4Kデジタルリマスター化された東映ヴィンテージ・アニメを取り揃えたプロジェクト「とーあに!これくしょん」から生まれた企画「劇場版マジンガーシリーズ大特集」が開催決定。「劇場版マジンガーシリーズ」7作品と、劇場版アニメ「ロボットガールズZ」の全8作品が上映されます。 4月23日〜5月20日にかけて渋...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>