本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スシロー、昨年に続く「全店一斉2日間休業」に称賛の声が続々
 大手回転寿司チェーン「スシロー」を運営する、あきんどスシローは、働き方改革の一環として2月4日と5日の2日間、国内の全534店舗を一斉休業すると発表し、ネット上に称賛の声が上がっている。 「同チェーンは定休日を設けていないため、昨年の2月5日と6日も一斉休業を実施していました。...
別窓で開く

ラーメン店「幸楽苑」が不採算店51店舗を閉鎖する。19年夏までは好調だった業績が、台風19号の影響で下り坂になったことから、「環境の変化に左右されない利益体質を構築する」と説明している。店舗運営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「閉鎖する店舗の一部は業態転換し、リスク分散化を図るのだろう。だが業態転換は...
別窓で開く

「幸楽苑」51店舗閉店に広がる“憶測”とラーメンチェーンの苦しい事情
 ラーメンチェーン「幸楽苑」を運営する幸楽苑ホールディングスは1月6日、4月までに店舗全体の約1割に当たる51店舗を閉店すると発表し、ネット上では驚きの声が上がっている。  同社の発表によれば、「台風19号の水害により、郡山工場が操業停止し、約250 店舗への食材供給がストップしたという経験を踏まえ...
別窓で開く

「幸楽苑」51店舗閉店へ 11月には「いきなり!ステーキ」も…ネット「飲食の難しさを感じます」
 ラーメン店「幸楽苑」をチェーン展開する幸楽苑ホールディングス(本社・福島県郡山市)が6日、4月までに収益の低い51店舗を閉店すると発表した。幸楽苑は全国で約500店を展開しており、この数字は全店舗の1割に当たる。この発表を受け、ネットでも多くのラーメン愛好家たちからさまざまな声が上がっている。...
別窓で開く

『幸楽苑』今年も年末年始休業 昨年は「2億円事件」と話題に
おいしさだけでなく、提供するサービスの質向上を目指し、スタッフが働きやすい環境づくり、幸楽苑式の「働き方改革」に着手した幸楽苑は、昨年に続き、今年もきょう12月31日から2020年1月1日終日と、年末年始休業することを発表。あわせて、新聞広告2パターンを掲載することを報告した。...
別窓で開く

コンビニ・外食の「元日休業」推進で... まさかの「おせち回帰」が進んでいる?
小売りや外食業界で、年末年始の休業や営業時間を短縮する動きが急速に広がっている。2019年はコンビニエンスストアの全国一律24時間営業が大きく問われる年になったが、深刻さを増す人手不足と人件費の高騰に加え、従業員の働き方改革への理解などが背景にあるとみられる。消費者の年末年始の過ごし方を変える可能性...
別窓で開く

日高屋が苦戦中 「値上げで客離れ」定石通りの結果に
 手頃な価格帯の中華料理に加え、会社帰りのサラリーマンの“ちょい飲み”需要も掴み、業績が右肩上がりだった「日高屋」。だが、ここにきて成長にブレーキがかかっている。不振に陥った要因は、わずか10円〜30円ながら客足を鈍らせる値上げにあった──。ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。...
別窓で開く

【実食】かつやの新メニュー「ラーメンコロッケ」は味濃いめ 中にはネギ、メンマ、チャーシュー
とんかつ・カツ丼チェーンのかつやは12月上旬、「幸楽苑」とコラボした期間限定メニューとして「ラーメンコロッケとロースカツ定食」(税抜き690円)を発売した。販売開始から一週間が経ち、ツイッター上では実際に食べた感想を報告する投稿が相次いでいる。...
別窓で開く

幸楽苑と夢のコラボ からやまの「らーめんからあげ定食」を食べてきた
 からあげ専門店「からやま」が「幸楽苑」とコラボして開発したメニュー「らーめんからあげ定食」を、12月6日から期間&数量限定で販売。「幸楽苑」秘伝のラーメンだれに漬け込んで作ったジューシーな“からあげ”だというので食べにいってきました。 からあげ専門店「からやま」「縁」ととんかつ専門店「かつや」は、...
別窓で開く

森永卓郎が解説 広がる「年末年始休業」、いずれ元通りの可能性も
経済アナリスト・森永卓郎が、12月4日のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に生出演、外食産業や小売り業界の年末年始の休業について解説した。外食産業や小売業界で、年末年始の休業を拡大する動きが広がっている。すかいらーくホールディングスは、「ガスト」や「ジョナサン」などグループのおよそ8割にあた...
別窓で開く


<前へ123次へ>