本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



梅沢富美男、愛人に『あ〜ん』してもらった? 官僚公費不倫報道、橋本マナミのツッコミにタジタジ
 12月12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた安倍首相の補佐官を務める66歳男性と、厚生労働省の52歳女性の「公費」による京都出張不倫報道の話題となった。 番組では、記事に取り上げられた、男性が女性にかき氷を「あ〜ん」と食べさせるや、テーブ...
別窓で開く

“反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行疑惑まで発覚
不倫に反社——。7年にわたって安倍政権を支えてきた屋台骨2人に、芸能人なら仕事を干されかねない問題が直撃だ。「不倫」は和泉洋人首相補佐官(66)、「反社」は菅官房長官。根底にあるのは長期政権のおごりと公私混同で、政権中枢は腐り切っている。  ◇  ◇  ◇ 菅氏の“懐刀”と知られる和泉氏の「京都不倫...
別窓で開く

岡田准一主演『燃えよ剣』予告編映像解禁 沖田総司役・山田涼介の場面写真も公開
歴史小説家・司馬遼太郎さんの名著で、人気グループ・V6の岡田准一主演で映画化する『燃えよ剣』(2020年5月22日公開)の予告編映像が解禁になった。さらに沖田総司役の山田涼介や、ヒロイン・お雪役の柴咲コウ、近藤勇役の鈴木亮平の場面写真も公開された。 同作は1962年から64年にかけて『週刊文春』にて...
別窓で開く

それでも、山中伸弥さんの「iPS細胞」への研究は支援されるべき理由
 ノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェロー の吉野彰さんが、ストックホルムで華やかな授賞式に参列して大変湧き立っておりました。非常に栄誉なことで、見ているこちらも幸せな気分になりました。■いろんな問題を早期発見早期処理してきた菅さんが その一方、日本国内では我らが週刊文春が首相補佐官・和泉洋人さん...
別窓で開く

金銭トラブルが解決した小池栄子に寄せられる多大なる期待
ドラマ・映画・CMのオファーが続々と舞い込む女優の小池栄子(39)だが、前所属事務所との金銭トラブルが解決していたことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。 同誌によると、小池は15年に前所属事務所から独立したが、17年に前事務所から、独立にあたって未払いの精算金1100万円余りを支払えと東...
別窓で開く

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らが挑む“新感覚ミステリー” 『屍人荘の殺人』本日より公開
今村昌弘によるデビュー作である同名小説を原作に、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らをメインキャストに迎えた映画『屍人荘の殺人』が本日より公開。山奥に佇むペンションを舞台に連続殺人が起こり、若き探偵たちが謎を解き明かしていくというミステリー作品だ。...
別窓で開く

梅宮辰夫死去「アンナが心配で死ねない」生前語っていた愛娘と羽賀研二被告”すったもんだへの本音”
〈アンナに苦労させられて大変じゃなかったかって? そんなのとっくに忘れたよ(笑)。そりゃあ、金銭的な尻ぬぐいもしたし、芸能マスコミからあいつを守るために俺が矢面に立つ場面は何度もあった。でも、それをするのが父親だろ。古いと思うかもしれないけど、俺は昭和のオヤジだから〉 12月12日、慢性腎不全のため...
別窓で開く

「不眠」の謎が解けた!——今夜も眠れない人へ、睡眠薬を欠かせなかったライターの治療ルポ
 なぜ人は眠るのか。その理由は今の科学ではわかっていないという。だが、睡眠不足は集中力などの低下を招き、ゆくゆくは健康を損なうことに。30年以上も不眠で悩み、病院通い、睡眠薬を欠かせなかったジャーナリストの“不眠治療ルポ”。◆◆◆ 不眠とは腐れ縁である。 不眠体質であることを自覚したのは高校生のころ...
別窓で開く

菅義偉官房長官に近いとされる和泉洋人首相補佐官(66)が、公費を使って京都市で厚労省の女性幹部と「デート」をしていたと、12日発売の「週刊文春」が写真付きで報じた。菅氏は会見で、和泉氏から報告を受けた内容として「公務として手続きを取った上で出張し、京都市内の移動は私費で支払われている。適切に対応した...
別窓で開く

岡井千聖、不貞相手と“交際順調”報道に厳しい反応「矢口並みに…」
 競輪選手・三谷竜生との略奪不貞が7月に報じられ、芸能活動を休止した岡井千聖の近況について「週刊文春デジタル」が報じている。 三谷と岡井は18年春に交際をスタート。レース会場にも岡井は度々訪れていたこともあって、2人の不貞関係に三谷の当時の妻も気付き、弁護士を入れた話し合いの末、今年6月に離婚が成立...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

富美男 ips アンナ