本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



楽天の新人11選手、それぞれの思い 目標の選手は茂木、則本、辰己、オコエ…
育成含む11選手が22日に入団会見、ドラ2黒川は「1年目で楽天スーパーポイントを30万ポイント」 楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内のホテルで行われた。育成4人を含む11人が入団。夢のスタートラインに立った選手たちはアピールポイントや抱負を語り、期待に胸を膨らませた。...
別窓で開く

優勝争い左右も? 巨人とDeNA、あまりにも対照的な「外国人」事情
プロ野球のDeNAは2019年11月18日、主力外国人4選手と来シーズンも契約を結ぶことを発表した。ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト内野手(30)、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)とそれぞれ契約が合意に達した。DeNAはすでに2人の新外国人選手を獲得して...
別窓で開く

全盛期のヤンキースで活躍した右腕が死去 球宴2度出場、MLB通算43勝
ニックネームは「ミイラ」、身長193センチの横手投げ右腕 ヤンキースなどで先発、救援で活躍し、オールスターにも選出された右腕投手、ジム・コーツ氏が11月15日に死去した。87歳だった。コーツ氏は1932年8月4日、バージニア州生まれ。高校卒業後、1951年にヤンキースとマイナー契約した(以下敬称略)...
別窓で開く

日本ハムで本塁打王を獲得したボビー・ミッチェル氏死去 シーズン2本の“幻の本塁打”
4年連続でパ・リーグの最多三振をマークも豪快なホームランも魅力 1970年代、日本ハムの主軸打者として活躍したボビー・ミッチェル氏が9月29日に死去した。75歳だった。ミッチェル氏は1943年10月22日、ペンシルベニア州の出身。ノリスタウン高校卒業後、1965年、ボストン・レッドソックスと契約。...
別窓で開く

ロッテ1位・佐々木朗希とヤクルト1位・奥川恭伸、どっちがすごいのか?——キーワードは「ロマン」と「安心」
 この1年間で同じ質問を10回くらいされてきた。——佐々木と奥川、どっちがすごいですか? 質問者の心情は理解できる。アマチュア野球に明るくない人にしてみれば、やたらと「逸材」と報じられる佐々木朗希(大船渡→ロッテ1位)と奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)のどちらが「すごい」のか知りたいと思うのが人情だろ...
別窓で開く

オトナの色気にドキッ…パリで会った「抱かれたい男前」厳選7スナップ
パリ在住のカメラマン松永学さんが、イケメンをスナップする人気連載です。イケメンスカウトも板についてます! 今回のイチオシは?写真・文 松永学 ジェフレー 33歳 パティシエ–パリで最も歴史のあるお菓子屋さんのシェフパティシエ、ジェフレーは色男!僕は15歳からパティシエの世界に入りました。...
別窓で開く

50歳まで投手として現役生活を送った「生ける伝説」山本昌氏(元中日)。現在は評論家として活動する山本昌氏は、その慧眼で数々の好素材の秘めた資質を言い当ててきた。今夏の甲子園に出場した投手のなかから、山本昌氏が好素材と太鼓判を押した10投手の魅力と課題を掘り下げていきたい。決勝で敗れたが、大会ナンバー...
別窓で開く


<前へ1次へ>