本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プリンセス天功、契約で普段着もまさかの“天功スタイル”、食事も“契約縛り”
 イリュージョニストのプリンセス天功(年齢非公表)が18日、TBSのトークバラエティー「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後8・00)に出演。想像の斜め上を行くトークを繰り広げた。 天功はホワイトタイガーやサーバルキャットなど、猛獣を家で放し飼いにしていることで有名。...
別窓で開く

サイテー映画の大逆襲2020!『死霊の盆踊り』&『プラン9〜』、爆笑必至の特報解禁
伝説の史上最低作品として映画史に残る『死者の盆踊り』(1965)と『プラン9・フロム・アウタースペース』(1959)。この2作をHDリマスター&総天然色版で新宿シネマカリテのスクリーンに復活させる上映イベント<サイテー映画の大逆襲2020!>より、各作品の迷場面を抜粋した爆笑必至の特報が解禁された。...
別窓で開く

拷問に代わるテロ対策として多用される“跡が残らない”尋問方法とは
ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月29日放送)に元外務省主任分析官・作家の佐藤優が出演。テロ対策の新しい概念について解説した。...
別窓で開く

護衛艦のホルムズ海峡近海派遣〜法改正しなければ日本の船舶は守れない
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月21日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。海上自衛隊のホルムズ海峡派遣について解説した。...
別窓で開く

シンクタンク・パワーと政策起業力のフロンティアと日本の課題を、シンクタンクや大学、NPOの政策コミュニティーの現場で活躍している第一線の政策起業家たちと議論する本連載。今回は、帝京大学法学部准教授の宮田智之氏との対談前編をお届けする。宮田氏はアメリカのシンクタンク研究の第一人者。『アメリカ政治とシン...
別窓で開く

助手席女性がいきなりの流血 静かな車内でいったい何が起きた?
(utah778/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)助手席の女性が突然大きな悲鳴をあげ、太ももの一か所からはジワジワと血が流れ始めた。しかし、その事故はほかの車やバイクが絡んで起きたものではなかった。...
別窓で開く

「距離の計算がおかしい」「突然アカウントを停止された」「評価制度が不透明」「急に仕事がこなくなった」「事故のときどうなるか心配」……。これらは労組結成に向けて動き始めた、「ウーバーイーツユニオン準備会」のポスターに躍る文言だ。しばしばウーバーイーツは、ブラックな労働環境が問題視されるが、現役の配達員...
別窓で開く

56歳妻が61歳夫をしばり局部を切断 SMプレイ歯止めきかず?
(Staras/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「夫婦のことは夫婦にしかわからない」とよく言われる。とんだ事件でも起きない限り、夜の営みも含め、夫婦の秘め事が広く世間に知られることなど普通はないものだ。...
別窓で開く

アメリカ・ヨーロッパ・中東・インドなど世界で活躍するビジネスパーソンには、現地の人々と正しくコミュニケーションするための「宗教の知識」が必要だ。しかし、日本人ビジネスパーソンが十分な宗教の知識を持っているとは言えず、自分では知らないうちに失敗を重ねていることも多いという。本連載では、世界94カ国で学...
別窓で開く

<ジョーク本の著書がある早坂隆さんと、本誌で「お笑いと国際情勢」に挑んだパックンが対談。ジョークをめぐる議論は、だんだん下ネタが増えていって......>日本と海外のユーモアには、どんな違いがあるのか。8月6日発売の「パックンのお笑い国際情勢入門」(8/13&20日号)で、政治ネタに挑んだパックン(...
別窓で開く


<前へ12次へ>