本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



パソコンの底面が熱くて心配なら専用クーラーを使おう!
ノートPCユーザーにとって、常に頭を悩ますのがPC本体の“熱対策”。CPUやHDDなど各パーツのパフォーマンスが低下するだけでなく、ひどい場合はリカバリー不可能なクラッシュに至ることも。...
別窓で開く

趣味やテレワークが快適に!Wi-Fi 6対応最新スマホ&ノートPC8選【趣味時間 傑作ヒットモノ最前線】
【特集】趣味時間傑作ヒットモノ最前線Wi-Fi 6を使うには、ルーターだけでなくパソコンやスマホもWi-Fi 6に対応する機器が必要。Wi-Fi 6対応パソコンやスマホは今では珍しくなく、続々と登場している。もし今買い替えるなら、できればWi-Fi 6対応製品を選びたいところだ。...
別窓で開く

モニターに見えて実はPC!オールインワンだからケーブルも少なくて机がスッキリ!
テレワークが珍しくないものとなって1年あまり。いろいろ試行錯誤してみたが「結局、PCを使った作業は決まった場所でやるのが一番はかどる」という人、意外と多いかもしれません。「だったら仕事に使うPCもデスクトップ型の方がいいのかも」と感じてしまった人に、MSIからこの5月に日本初上陸のオールインワンタイ...
別窓で開く

USB-Cハブが必要なら大容量外付けSSDも一緒だと心強いよね
薄さと軽さを優先するために極力ポートを省いたノートPCには、拡張性をサポートするマルチポートハブが必須。さらに、資料や写真などの保存や受け渡しができる外付けのストレージも欠かせない…。そんなビジネスパーソンのために登場したのが、「HybridDrive(ハイブリッド ドライブ)」(128GB〜1TB...
別窓で開く

6mmしか飛び出ないならUSBメモリも挿しっぱなしでいいよね
日頃から頻繁にデータのやりとりを行っている方にとって、USBメモリは絶対に欠かせないマストなアイテムですよね。外付けHDDに比べて格段にサイズが小さく、また衝撃にも強いなど抜群の使いやすさを備えていますが、わずか数cmというその大きさゆえに、例えばノートPCなどでは常時挿したままにしておけないのが難...
別窓で開く

軽くて薄くて端子が豊富!コスパも◎な「LG UltraPC」誕生
外出先に持ち歩く機会の多いPCはやっぱり薄くて軽いほうがいい…。そんな理由から、ちょっと前までは多少インターフェイスを絞り込んででもスリム化する傾向があったモバイルPCですが、リモートワークが定着し始めた昨今ではちょっと事情が変わってきています。...
別窓で開く

NERV職員用のSSD?人類…じゃなくてデータ補完計画始動!
2020年の延期から2021年1月23日公開に向けて、着々と準備が進められていた映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。...
別窓で開く

特務機関NERV官給品をイメージしたポータブルHDDとSSD発売
 1975年創業のパソコン周辺機器メーカーの株式会社バッファローは、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を記念し、特務機関NERV官給品をイメージした記念コラボモデル2商品(HDD・SSD)を数量限定で発売。1月15日から数量限定で予約受付を開始し、3月上旬より販売予定とのことです。...
別窓で開く

フルセグ/ワンセグを自動で切り替え、地デジも録画できるぞ!
ストリーミング配信がメジャーになったことを受けて、改めて注目されているのがフルセグ/ワンセグ放送。ネットを経由せずに放送局からの電波を受信することで視聴できるため、データ通信量の消費は実質的にゼロ(しかも視聴は無料)。動画コンテンツとして一周回って非常に魅力的な存在となったことも、注目度アップの理由...
別窓で開く

TV録画も可能なSSDがUSBメモリとほぼ同サイズでしかもミルスペック!
データ受け取りのために厳つい外付けHDDを持ち歩いていたのも、もはや過去の話。メモリの小型化は日々進んでいますが、ついに1TBのSSDがメモリスティックサイズに。BUFFALO(バッファロー)から、持ち運びに便利なUSB3.2(Gen1)対応スティック型外付けSSD「SSD-PUTAシリーズ」(61...
別窓で開く


<前へ12次へ>