本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イタリア史上初の3冠から10年…2009−10シーズンのインテルメンバーの現在地
 2010年5月22日は、インテルにとって歴史的な日だ。2009−10シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でバイエルンを2−0で下して優勝。ジョゼ・モウリーニョ監督の下、すでにセリエAとコッパ・イタリアを制していた彼らは、イタリアのクラブとして初めての“3冠”を達成した。 あれから10年。偉業...
別窓で開く

香川真司は1部昇格決定でも放出へ!? スペイン紙がサラゴサの“懐事情”と注目の移籍候補を報道
 新型コロナウイルスの影響によって、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされるなか、各チームは今夏の移籍市場における戦略を水面下で準備し続けている。その動きは欧州でプレーする日本人選手の去就にも影響を及ぼしそうだ。 現地時間5月6日、スペイン紙『AS』は、ラ・リーガ2部のサラゴサに所属する日本代表M...
別窓で開く

「心が折れた」「燃え尽き症候群に」長友佑都が那須大亮氏との対談で過去3回のW杯を回顧!
 ガラタサライに所属する長友佑都が、昨季限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに出演し、3大会出場したワールドカップを振り返り、今後の目標を語った。 現在38歳の那須氏は、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ジュビロ磐田、柏レイソル、浦和レッズ、ヴィッセル神戸でプレー。...
別窓で開く

森保ジャパン再検証——若手抜擢に収穫も監督“兼任”は限界か…五輪&最終予選へ、求められる日本協会の決断
 2018年9月の新生日本代表発足から1年半の歩みをポジションごとに振り返り、再検証してきたこの企画。最終回は森保一監督のチームマネージメントにスポットを当てる。2002年日韓ワールドカップで日本を史上初のベスト16へと導いたフィリップ・トルシエ(現U−18ベトナム代表)以来のA代表・五輪代表兼任監...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<攻撃的MF編>“三銃士”を軸に定位置争いは大混戦!長友絶賛のスピードスターには決定力も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<ボランチ編>指揮官が絶大な信頼を寄せる柴崎岳。依存度が高まるなか理想の組み合わせは?
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<SB編>後続の人材は揃うも長友&酒井に突出した存在感。東京世代にも奮起を求めたい
 2018年9月に発足し、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選に臨んでいる森保一監督率いる日本代表。 国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのかまだ先は見えな...
別窓で開く

「あら美人」「クレイジー・ダン」日本代表守護神、シュミット・ダニエルが公開した3枚の秘蔵写真にファン歓喜!
 ベルギーのシント=トロイデンに所属する日本代表GKのシュミット・ダニエルが4月19日、自身のインスタグラムを更新し、3枚の秘蔵写真を公開した。「ファン感の思い出。進撃の巨人の動画持ってる人ください」と投稿された画像の1枚目は、2016年に松本山雅FCへレンタル移籍していた時のファン感謝デーでの『進...
別窓で開く

最新FIFAランクが発表!日本は28位で変わらず、アジアトップをキープ!
 FIFA(国際サッカー連盟)は4月9日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。なお、全体的にあまり順位に変動はなく、日本は28位でアジア最上位をキープしている。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月に各国で予定されていた国際Aマッチが延期、または中止の措置がとられたため、168...
別窓で開く



<前へ123次へ>