本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



AFCがW杯アジア2次予選の日程案を発表! 延期分の実施は10月、11月に2試合ずつを予定
 アジア・サッカー連盟(AFC)は6月5日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた2022カタールW杯・アジア2次予選、3月と6月分の試合の実施予定日を発表した。 日本は3月26日にホームでミャンマーと、31日にアウェーでモンゴル。6月4日にタジキスタン、9日にキルギスとそれぞれホームで対戦する...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<攻撃的MF編>“三銃士”を軸に定位置争いは大混戦!長友絶賛のスピードスターには決定力も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

3月・6月のW杯アジア2次予選は延期、U-23日本代表の3月活動は中止へ…関塚技術委員長が代表活動について声明
 FIFA(国際サッカー連盟)とAFC(アジアサッカー連盟)は3月9日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日程に関して発表を行ない、現在全世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、2020年3月および6月に予定されている試合を後日に延期し、開催日等の詳細について、今後議論していくこととし...
別窓で開く

12月10日から韓国・釜山で開催されるE−1サッカー選手権2019に出場する日本代表のメンバーが発表された。海外組の招集は見送られ、メンバーはすべて国内組。MF田中駿汰(大阪体育大学)以外はすべてJリーガーで固められている。 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)や橋本拳人(FC東京)など、このところ代表に...
別窓で開く

福田正博 フットボール原論■W杯2次予選で危なげなく勝ち点を積み重ねている日本代表。しかし、大迫勇也が不在となったときの攻撃を不安視する声はなかなか消えない。では、大迫がいないチームで、どのような戦術や選手の組み合わせが考えられるのか。元日本代表の福田正博氏が分析した。 日本代表は10月のW杯アジア...
別窓で開く


<前へ1次へ>