本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ONEが世界4位! 広がる格闘技の可能性、昨年度のオンライン視聴回数調査で3団体がトップ5に!
現在スポーツは、多メディア展開、SNSをフル活用し、より多くの視聴者にアプローチする施策を行なっている。ソーシャルメディアでの動画再生数を分析しているTubular Labs(チューブラーラボ)の調査によると、視聴者数において格闘技系が健闘していることが分かった。...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<攻撃的MF編>“三銃士”を軸に定位置争いは大混戦!長友絶賛のスピードスターには決定力も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<SB編>後続の人材は揃うも長友&酒井に突出した存在感。東京世代にも奮起を求めたい
 2018年9月に発足し、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選に臨んでいる森保一監督率いる日本代表。 国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのかまだ先は見えな...
別窓で開く

3月・6月のW杯アジア2次予選は延期、U-23日本代表の3月活動は中止へ…関塚技術委員長が代表活動について声明
 FIFA(国際サッカー連盟)とAFC(アジアサッカー連盟)は3月9日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日程に関して発表を行ない、現在全世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、2020年3月および6月に予定されている試合を後日に延期し、開催日等の詳細について、今後議論していくこととし...
別窓で開く

3月と6月のW杯アジア予選が延期決定 事前承認などで実施可能性も
 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、2022 FIFAワールドカップ アジア2次予選及びAFCアジアカップ2023予選に関する声明を発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界各地に影響を及ぼしているが、FIFAおよびAFC(アジアサッカー連盟)は5日に各試合を延期する正式案を各国協会...
別窓で開く

新型肺炎拡大受け…FIFAとAFCがW杯予選の日程について協議へ
 国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)が、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選の開催について協議を行うようだ。アメリカメディア『FOX SPORTS』が2日に伝えている。 今回の報道によると、新型コロナウイルス感染症が世界的に広まっていることを受けて、FI...
別窓で開く

J1リーグは、7日に行なわれる首位横浜F・マリノス対2位FC東京の直接対決の結果で優勝が決定する。とは言え両者の勝ち点差は3。得失点差には7ポイントもの開きがある。FC東京に4点差以上の差で敗れない限り、横浜FMの優勝は揺るがない。 横浜FMは昨季12位。まさに大躍進になる。他国のリーグでは、まずお...
別窓で開く

「技術、戦術、体力とあらゆる面で両国の差は明らかだった。しかし、特筆すべきは、日本が力の劣った相手に対し、最後まで得点をし続ける意思を示し、なおかつ攻守のバランスも崩さなかったことにある。その集中力を称えるべきだろう」 スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(73歳)は、日本がモンゴルに6−0で大勝した...
別窓で開く

パラグアイ戦は後半開始から、ミャンマー戦は後半36分から途中出場した久保建英「日本代表は着実に世代交代が進んでいる。ロシアワールドカップから半分以上の選手が入れ替わり、チームとしてアップデートされた。たとえば橋本拳人(FC東京)は長谷部誠(フランクフルト)の後を継いでいるし、遠藤航(シュツットガルト...
別窓で開く


<前へ12次へ>