本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「技術、戦術、体力とあらゆる面で両国の差は明らかだった。しかし、特筆すべきは、日本が力の劣った相手に対し、最後まで得点をし続ける意思を示し、なおかつ攻守のバランスも崩さなかったことにある。その集中力を称えるべきだろう」 スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(73歳)は、日本がモンゴルに6−0で大勝した...
別窓で開く

森保Jが戦うモンゴルの知られざるサッカー事情。国内リーグは日本人選手が多数在籍
今年2019年9月に開幕した「サッカー カタールW杯アジア2次予選」。2022年に開催されるカタールW杯の出場権をかけて、40の国・地域が熱い戦いを繰り広げている。グループFの日本(FIFAランキング31位)は、キルギス(同97位)、タジキスタン(同115位)、ミャンマー(同145位)、モンゴル(同...
別窓で開く

10番は中島、15番は浅野に! モンゴル代表とのW杯予選に挑む日本代表が背番号を発表
 FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選モンゴル代表戦に臨む日本代表メンバーの背番号が発表された。10番はミャンマー代表戦に続き中島翔哉に。また、大迫勇也が背負っていた15番は浅野拓磨に、18番は鎌田大地に与えられた。...
別窓で開く

パラグアイ戦は後半開始から、ミャンマー戦は後半36分から途中出場した久保建英「日本代表は着実に世代交代が進んでいる。ロシアワールドカップから半分以上の選手が入れ替わり、チームとしてアップデートされた。たとえば橋本拳人(FC東京)は長谷部誠(フランクフルト)の後を継いでいるし、遠藤航(シュツットガルト...
別窓で開く

「ボランチに入った橋本拳人(FC東京)と柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)のコンビは、長谷部誠(フランクフルト)と遠藤保仁(ガンバ大阪)の2人を思い出させた。ピッチに攻守のバランスをもたらすことができる。彼らのもたらす安定によって、サイドからの攻撃もアドバンテージを得られるのだ」 スペインを代...
別窓で開く

「日本のプレースピードは際立っていた。コンビネーションのなかで見せる技術は高く、スペースを作りながら、ゲームを支配し、優位性を保っていた。とくに前半はパラグアイを圧倒した」“スペインの目利き”ミケル・エチャリ(72歳)は、日本代表が2−0でパラグアイに勝利した試合をそう振り返...
別窓で開く

カタールW杯への初戦に大迫勇也、中島翔哉らが先発…久保建英はベンチスタート
 日本代表は10日、2022 FIFAワールドカップ カタール アジア2次予選でミャンマー代表と対戦するスターティングメンバーを発表した。 先発は5日のパラグアイ戦と同じ11人がラインナップ。この試合に出場すれば、日本代表としてW杯アジア予選最年少出場記録を更新する久保建英はベンチスタートとなった。...
別窓で開く

日本のW杯予選初戦の相手、ミャンマー代表について知っておきたい7つのこと
 2018 FIFAワールドカップ ロシアから1年強。次のワールドカップへ向けた予選が早くもスタートする。日本代表は、10日に行われる2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でミャンマー代表と敵地で対戦。7大会連続の本大会出場へ向けた重要な初戦となるが、相手は一体どんなチームなのか...
別窓で開く

■確かに非凡だが…… サッカー日本代表は9月10日、ミャンマー代表と戦う。地上波は日本テレビが午後9時から放送を行う予定だ。2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選における初戦になる。 *** 7月に発表されたFIFA世界ランキングで日本は33位。今回予選で日本はF組に入っている。...
別窓で開く

10番は中島翔哉! 久保建英は17番に…カタールW杯予選に挑む日本代表の背番号を発表
 キリンチャレンジカップ2019ならびに2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のミャンマー代表戦に臨む日本代表メンバーの背番号が発表された。10番はコパ・アメリカに続き中島翔哉に託された。また、コパ・アメリカで21番を背負った久保建英には17番が与えられた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>