本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



9月5日、茨城県立カシマサッカースタジアム。気温は下がったが、湿度は84%と空気は粘りつくようだった。日本は、南米の伏兵・パラグアイを迎えていた。 試合開始直後、MF橋本拳人(FC東京)が鋭い出足を見せる。前へボールを運ぼうとする敵の勢いを、ぴしゃりと叩いた。2度続けて相手のボールを寄せ返し、3度目...
別窓で開く

《好きな2.5次元俳優》6200人が選んだTOP10を発表! 本人コメントも掲載
(写真左上から時計回りに)小澤廉、黒羽麻璃央、鈴木拡樹、佐藤流司、崎山つばさ、高野洸、荒木宏文、有澤樟太郎 マンガやアニメ、ゲームを原作とした舞台=2.5次元エンターテイメントの人気はもはやブームではなく、エンタメのジャンルとしてすっかり定着しています。...
別窓で開く

群馬県館林市に水野守という高校1年生がいる。サッカーを小学3年生で始めた少年のポジションはボランチで、学校の部活動でもプレーしていたが、一昨年11月に自分でチームを立ち上げた。サラマットFCの旗を掲げる子どもたち photo by Kimura Yukihiko チームの名前は、FCサラマット。一風...
別窓で開く

水戸ホーリーホックが奮起する一方で柏レイソルなどが出遅れ。今季もJ2は序盤から大混戦!
かつてのJ2は、J1からの降格チームが圧倒的な力の差を見せつけて独走優勝を遂げるのが定番だった。しかし2014年のJ3創設以降は、J2にも残留争いが生まれたために消化試合が減少し、その傾向もすっかり変わった。毎年、入れ代わり立ち代わりで"サプライズチーム"が登場するのも当たり前。...
別窓で開く

コロンビア戦(3月22日)、ボリビア戦(3月26日)を戦う23人は、アジアカップを戦ったメンバーとどんな関係性があるのか。代わり映えしないメンバーが選ばれたらどうしようと心配したが、それは杞憂に終わった。アジアカップ決勝でスタメンを飾った11人中、今回も選ばれた選手は4人。チーム全体としても9人にと...
別窓で開く

アジアカップの見方〜杉山茂樹×浅田真樹(前編) 森保ジャパンの発足以来、初めての公式大会となるアジア杯。メンバーが様変わりした日本代表の戦い方と見どころについて、サッカーライターの杉山茂樹氏と浅田真樹氏が語り合った。日本代表を支える守備的MFとして期待がかかる遠藤航浅田 アジア杯の日本代表のメンバー...
別窓で開く


<前へ1次へ>