本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



WADA、ロシアに対し4年間主要大会の出場禁止を決定…東京五輪やカタールW杯など
 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)はロシアに対して、4年間の主要スポーツ大会の出場を禁止した。9日、イギリスメディア『BBC』が報じている。 この処分は9日にスイスのローザンヌで行われたWADAの常任理事会にて全会一致で決定された。ロシアのアンチ・ドーピング機構はこの処分に対して21日以内に控...
別窓で開く

 【パリ=小野田雄一】ロシアの組織的ドーピング問題で、世界反ドーピング機関(WADA)は9日、スイスのローザンヌで臨時常任理事会を開き、ロシア選手団を来年の東京五輪・パラリンピックやサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会、各競技の世界選手権などの主要大会から4年間除外する処分を全会一...
別窓で開く

椿鬼奴、過酷なロケで号泣 恐怖のあまり放った「水の呼吸」が話題
8日に放送されたTV番組『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)にて、お笑いタレントの椿鬼奴が過激なアクティビティに挑戦。恐怖に怯える最中に放たれたある言葉が、SNS上で大きな話題となっている。■恐怖のあまり涙毎年恒例のカレンダープロジェクトの撮影でスロベニアを訪れた一行は、道中「ロシアンスウィン...
別窓で開く

女子フィギュア「ロシア最強3人娘」に立ちはだかる「17歳の壁」とは
 フィギュアスケートのグランプリファイナル(イタリア・トリノ)で、ロシアの16歳・アリョーナ・コストルナヤが世界最高得点で優勝。2位には15歳のアンナ・シェルバコワ、3位に同じく15歳のアレクサンドラ・トルソワが入り、表彰台をロシア勢が独占。世代交代の波を見せつけた。日本の紀平梨花はフリーで果敢に4...
別窓で開く

グランプリファイナルで総合4位となった紀平梨花のフリーの演技 今季のグランプリ(GP)ファイナル女子シングルは まさに異次元の、想像をはるかに超える戦いとなった。ショートプログラム(SP)ではジャンプで失敗し、最下位6位と出遅れた紀平梨花は、フリーで145.76点の4位に浮上し、合計216.47点の...
別窓で開く

東京バレエ団「くるみ割り人形」 衣装、豪華装置を新製作
 東京バレエ団の新制作「くるみ割り人形」公演が東京、神奈川、京都の3都市で行われる。斎藤友佳理芸術監督の総指揮の下、演出・振り付けを改訂、衣装・舞台装置も新調された。今年、創立55周年を迎えた同バレエ団の記念プロジェクトのハイライトとなる。 同バレエ団で「くるみ割り人形」を初演したのが昭和47年。...
別窓で開く

「エリソ・ヴィルサラーゼ ピアノ・リサイタル」 ロシア・ピアニズムの正当な継承者がここに!
「ロシア・ピアニズム」という言葉を聞いたことがおありだろうか? ロシアの2大音楽院(モスクワ音楽院とサンクトペテルブルク音楽院)を創設したアントン&ニコライ・ルビンシテインからチャイコフスキーへと継承された偉大なるロシアの音楽教育の中でも、特に際立つ個性を発揮してきたピアノ教育。...
別窓で開く

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は、北朝鮮が国内のミサイル発射場で「重大実験」を実施したり、同国高官が非核化協議の打ち切りを示唆したりしている問題で、当面は非核化に向けた対話路線を堅持しつつ、北朝鮮の出方を冷静に見守る考えだ。米政権としては、非核化協議が決裂した場合は、軍事的選択肢も視野に入...
別窓で開く

連邦議会とホワイトハウスが真っ向から対立する厄介な二つの問題めぐり、最高裁が厳しい局面に立たされている。その最終判断次第では、トランプ大統領の政治生命をも脅かしかねず、米国民の関心も高まりつつある。 一つ目の案件は、トランプ大統領がこれまで頑固に公表を拒み続けてきた自身の納税申告など財務関連書類につ...
別窓で開く

「2019 ユーキャン新語・流行語大賞」が12月2日に発表され、「軽減税率」「#KuToo」「タピる」などノミネート30語のなかから年間大賞にラグビーW杯日本大会のチームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれた。だが、その本家には“大人の事情”で漏れてしまった言葉も多数あるだろう。そ...
別窓で開く


[ ロシア ] の関連キーワード

ヴィルサラーゼ wada カタール くるみ 最高裁