本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



剛力彩芽 インスタで心境「何気ない毎日を大切な人と過ごせるってとっても大切なこと」
 「ZOZO」の創業者で現スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(43)と破局した女優の剛力彩芽(27)が19日、自身のインスタグラムを更新。映画の試写に行ったことを明かし、「何気ない毎日を大切な人と過ごせるってとっても大切なこと」などとつづった。 剛力はインスタグラムのストーリーズ機能で、映画「ロマンス...
別窓で開く

大学対抗プロコン横浜大会、北京大学が昨年に続き優勝。東大は惜しくも2位
 世界中の大学生が3人1組で1台のパソコンを使ってプログラミングの腕を競うICPC(International Collegiate Programming Contes=国際大学対抗プログラミングコンテスト)のアジア地区横浜大会が17日、横浜の横浜産貿ホールで開催された。...
別窓で開く

JAL、羽田発着の国際線を拡大 9路線を成田から移管、増便も 羽田の発着枠配分受け
JALが羽田空港国際線発着枠の配分をうけ、同空港の国際線ネットワークを22便から34便に広げます。成田発着路線のうち9路線を移管。羽田〜ニューヨーク線などは増便の予定です。3月29日から開始される夏ダイヤ JAL(日本航空)が2019年11月19日(火)、羽田空港発着の国際線ネットワークを大幅に拡充...
別窓で開く

トランプ氏を偽証の疑いで調査=米下院、ロシア疑惑めぐり
 【ワシントン時事】2016年米大統領選をめぐる「ロシア疑惑」で、トランプ大統領がモラー特別検察官(当時)にうその証言をした可能性があるとして、下院が調査していることが18日、分かった。野党民主党が主導する下院のレター法律顧問がワシントンの連邦高裁で行われた公判で明らかにした。...
別窓で開く

1年ぶりの再戦! 日本代表対ベネズエラ代表について知っておきたい7つのこと
 日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。戦いの舞台となるのは、大阪のパナソニックスタジアム吹田。チケットはすでに完売となっており、満員のスタジアムで白熱したバトルが繰り広げられることだろう。 最新のFIFAランキングで、日本は28位、ベネズエラは26位と非常に近...
別窓で開く

ANA、羽田発着国際線12路線開設 日本エアライン初就航都市など5都市も 2020年から
ANAが羽田空港の昼間時間帯国際線発着枠拡大に伴い、羽田空港発着の国際線12路線を開設。新たに5都市に乗り入れるほか、日本の航空会社で初の就航都市という場所も開設されます。豊富な国内線ネットワークと接続 ANA(全日空)が2019年11月19日(火)、2020年サマーダイヤにおける国際線路便計画の一...
別窓で開く

「僕は諦めの悪い性格で……」36歳のベテランGK・川島永嗣はなぜ復活したのか
 昨年ロシアW杯が終わり、日本代表メンバーも大きく様変わりした。主将だった長谷部誠をはじめ、本田圭佑や酒井高徳が代表引退を宣言。新生日本代表では、攻撃的MFの堂安律、南野拓実、中島翔哉というニューフェイスが活躍し、世代交代を印象付けた。他にも現在は負傷中だが、東京五輪世代(1997年1月1日以降生ま...
別窓で開く

「胸がカッと熱くなる」文明という名の侵略に立ち向かった2人の男の物語
 樺太(サハリン)生まれのアイヌ、ヤヨマネクフ。帝政ロシアの不当な搾取と理不尽に反抗の声を上げたために、サハリン島へ流刑にされたリトアニア生まれのブロニスワフ。一九世紀末から約四十年間に及ぶ、実在する二人の生の軌跡を描いた川越宗一の『熱源』を読むと、強者の論理や文明という名の侵略に立ち向かった懸命な...
別窓で開く

勢力圏という言葉は、さほど珍しいものではない。新聞や書物を開けば、「米国は南米を勢力圏と捉えている」、「列強の勢力圏争い」といった表現に頻繁に遭遇する。 では、勢力圏とは何なのだろうか。ごく簡単に言えば、ある大国が周辺の国々に対して一方的な権力関係を行使しうるエリア、ということになろう。かつてのソ連...
別窓で開く

11月15日から行なわれた、グランプリ(GP)シリーズ・ロステレコム杯女子は、アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)が、その4回転ジャンプの威力を見せつける大会になった。ロステレコム杯で優勝したトゥルソワ トゥルソワは15日のショートプログラム(SP)で、後半の連続ジャンプで3回転ルッツを降りたあとに...
別窓で開く


[ ロシア ] の関連キーワード

ベネズエラ ana jal