本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ホワイトハウス「中国、香港保安法を強行するなら制裁を加える」
中国が香港に対する統制権を強化するために国家保安法を制定する場合、米国は制裁を加えるだろうとロバート・オブライエン ホワイトハウス国家安保補佐官が20日(現地時間)警告した。この日オブライエン補佐官はNBC放送とのインタビューで、中国の立法推進は香港を掌握しようとする試みだと分析し「中国が掌握するの...
別窓で開く

米NY州、人種差別により失業するアジア系急増—香港メディア
香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは20日、「米ニューヨーク州のアジア系米国人は失業の打撃を大きく受け、人種差別問題が提起されている」とする記事を配信した。中国国営新華社通信系の参考消息(電子版)が23日、その内容を要約して、次のように伝えている。...
別窓で開く

新型コロナウイルスの猛威によって、日本を含む世界の社会と経済が大きな打撃を受け、ポストコロナでは国際政治や世界経済の構造や秩序が大きく変化してしまうことが予想されます。ジャーナリストでシンクタンクのアジア・パシフィック・イニシアティブ(API)を率いる船橋洋一氏と国際政治学者でAPI上席研究員でもあ...
別窓で開く

アマチュアではW杯予選を勝ち抜けない…プロ化を促した85年日韓戦、敗北の真相【名勝負の後日談】
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 国立競技場の光景が、約7か月前とは一変していた。当時満員を意味する6万2000人の大観衆がスタンドで日の丸を振っている。...
別窓で開く

感染者急増のインドネシア、活動制限令への不満充満 大規模社会制限でも感染者減らず、効果に疑問の声も
(PanAsiaNews:大塚 智彦) インドネシアでは、コロナウイルスの感染拡大防止策として大規模社会制限(PSBB)を実施しているが、感染者数、感染死亡者数の増加に一向に歯止めがかからず、国民の間からは「効果も意味もないではないか」として、制限だらけの不自由な生活への不満が急激に高まっている。...
別窓で開く

まだまだ油断できない新型コロナウイルス。その影響は“感染”せずとも一般家庭の人々にしっかりと及び始めている。妻との軋轢や育児に疲れ果てる者、帰宅難民と化す者、子供を奪われそうになる者……。今、多くの人の“コロナ疲れ”が臨界点に達しようとしている。テレビでは報じられない、名もなき被害者たちに迫る!◆渡...
別窓で開く

香港統制強化なら制裁=「金融センターの地位失う」—米補佐官
 【ワシントン時事】オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、NBCテレビに出演し、香港の統制強化を定めた「国家安全法」が成立すれば、中国に制裁を科す可能性を示唆した。その上で「香港がアジアの金融センターとしてとどまると考えるのは難しい」と警告した。 香港問題が米中対立の新たな火種に浮...
別窓で開く

トランプはなぜ「武漢研究所起源説」を声高に叫ぶのか?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、トランプ大統領が新型コロナウイルスの「武漢研究所起源説」を主張する理由について語る。* * *新型コロナウイルスは中国・武漢の研究所から流出した——ここ最近、たびたび取り沙汰される"風説"です。...
別窓で開く

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、東南アジアのタイで民間病院を中心とした医療水準の“高さ”に関心が高まっている。医療設備も欧米並みで、かねてアジア一円の富裕層らが熱心に医療観光(メディカルツーリズム)に訪れていたところ、ウイルスの早期収束で一気に注目されるようになったのだ。その一番の背景にあるのが...
別窓で開く

『テラハ』木村花さん死去、山里亮太が言葉を発するのを躊躇した理由とは
■「どう言葉を発してよいか…」木村さんが出演していた人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に、スタジオメンバーとして「見守り役」を務めていた山里。「この度は木村花さんの訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」と追悼...
別窓で開く


[ アジア ] の関連キーワード

ホワイトハウス インドネシア テラハ